2007年04月03日

予習してから観てください


ラストデイズ 原題:LAST DAYS
製作2005年 アメリカ 監督:ガス・ヴァン・サント
脚本:ガス・ヴァン・サント
出演:マイケル・ピット


先に内容を知ってしまうとおもしろくない映画は多々ありますが
この映画は観る前に予習をしてから
観ていただきたいと思います。

映画の内容・・・というより、ニルヴァーナというバンドのことを、
カート・コバーン(本当はコベインと読むそうでね)のことを知って
彼の音楽を聴いてから観てください。

(あらすじ)
ブレイクは超人気ロックバンドのミュージシャン。
ドラッグにおぼれ、リハビリ施設に入所したが脱走する。
彼は森をさまよい、自分の別荘へと戻る・・・・・。


この映画はブレイクが死に至るまでの2日間を描いています。
本作品はニルヴァーナのボーカル、カート・コバーンの自殺に
衝撃を受けた監督が彼のことを思い、作った映画です。
ドキュメント風ですが、本当にカートが
このような最期の時を過ごしたかどうかはわかりません。
しかし、ブレイク演じるマイケル・ピットがカートに激似なのです。
私は途中までカート本人なんだと思ってました。

ドラッグにおぼれてるせいか、無意味でわけのわからない行動を
とり続けるブレイク。
そういう説明がまったくなく、セリフもほっとんどないため
何も知らずに観ると意味不明で終わってしまうと思います。


私もあんまりグランジロックやニルヴァーナのことは
詳しくないですが、MTVのアンプラグドなどで見たカートは
伏し目がちで繊細さを感じさせる青年でした。
絶大な人気がありながら衆人の視線に傷ついてたカート。
『Rape Me』なんて歌も作りました。

観終わった後でもっとカートの事が知りたくなった、
私もカートの最期に思いをはせた作品でした。


posted by マミイ at 19:00| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうかなぁ。コメントしてみよっと!

えっと、これはカートです。あれは本物のカーとですよ。間違いありません!絶対です。自信ないけれど、絶対にカートです。(自信ないのに?)

それほどまでにマイケル君のなりきり演技が素晴しかったのです。カートの霊が乗り移ったかのごときで、完璧でした。

「RAPE ME」ねー。あれは名曲ですね。なんか悲しくなりますよ。カートはメディアや大衆に自分が精神的にRAPEされたと感じたのかもなぁ。商業的成功と共に世間から過剰な注目をされて、それをうまく受け止めることが出来なかった。カートは繊細で不器用な人間だったと思う。でも、生き続けてずっとロックしほしかったなぁ。(涙)
Posted by shit_head at 2007年04月04日 23:35
お!コメントできた。よかったです。過激な言葉のせいでエラーになったのかもしれません。
Posted by shit_head at 2007年04月04日 23:37
わ〜い。コメント消えたあとに、またまた
トライしてくださってありがとうございま〜す♪

あれはカートですよね。
仲間のオトコのどっちがデイブなのか
本気で考えてました。

おまけのPAGODA演奏も良いし、マイケルくんは
素晴らしいですね。
『ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ』でも
すごいなと思ったのですが、『ラストデイズ』は
すごすぎでした。

カート・・・本当に長生きしてほしかったです。
Posted by マミイ at 2007年04月05日 17:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

こりゃ、完全にカート・コバーンだわな! 「ラストデイズ」
Excerpt:  これはインディーズ映画だ。撮影は自然光を使ってる感じだし、音楽もほとんどないし、演技はどこか即興っぽいし、画面はスタンダードサイズだ。いかにも低予算で短期間で撮りあげたっぽい。監督はカンヌでパルムド..
Weblog: 年がら年中爆走するブログ!! 
Tracked: 2007-04-04 18:32

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。