2013年09月21日

先が気になる


モールス (上・下) ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト著 ハヤカワ文庫

久しぶりに本の紹介です。
しかし、まだ下巻の途中までしか読んでいません。
(これから旅行に行くので新幹線のおともにする予定)

リメイク映画の『モールス』を観る前にまずは原作から読んでいます。
(本を買ってから1年ぐらいほったらかしでした(^^;)
『モールス』というタイトルがなのですが
キホンはスウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』ですね。
あの映画に出てきたエリで脳内再生されます。
それぐらい『ぼくのエリ』は完璧な世界観、
リーナ・レアンデションはエリそのものだったのです。

エリが血を求めるように
私もお話の先が気になって、どんどん読み進めていってる状態です。
『ぼくのエリ』は原作にほぼ忠実で
映画で語られなかったエピソードを原作で補完しているような状態です。
(特にホーカンの話は映画ではサッと流されていたから興味深いです。)

映画の『モールス』は舞台がアメリカに変わっていますし
名前もエリからアビーに変わっています。
読み終わってからリメイクを観るのが、ちょっぴり怖いです(^^;


posted by マミイ at 07:31| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画原作本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お〜、原作読まれたんですね。
旅行のお供にこの作品とは、移動時間も苦にならないかも!
やはり「ぼくエリ」は完璧でしたか〜。リメイクも悪くはないものの、どちらかというと「小さな恋のメロディ」を連想してしまいました(笑)

では、旅行楽しんで下さいね♪
Posted by 宵乃 at 2013年09月21日 12:31
宵乃さん、こんばんは。
お返事遅くなってすみません。
無事に帰ってきました。

原作はエリとオスカル以外にも焦点があてられていて読みごたえがありました。
映画でラストを知っていたからか、
実はそんなに衝撃を受けませんでした。
むしろ他の人たちの方が壮絶でした。

映画版『モールス』はどうなっているのか
不安ですが、観てみます。
Posted by マミイ at 2013年09月23日 21:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。