2013年08月22日

ところどころドン引き

LOTTA PA BRAKMAKARGATAN.jpg
ロッタちゃんと赤いじてんしゃ
原題:LOTTA PA BRAKMAKARGATAN
製作1992年 スウェーデン 監督:ヨハンナ・ハルド
原作:アストリッド・リンドグレーン
脚本:ヨハンナ・ハルド
出演:グレテ・ハヴネショルド


日本ではこちらが公開2作目ですが、
スウェーデンではこちらが最初です。
5歳になる直前のロッタちゃんが楽しめます。

(あらすじ)
ロッタちゃんはもうすぐ5歳になる女の子。
自転車に乗る兄姉に憧れ、誕生日に自転車がほしい!と言うが
三輪車があるでしょうととりあってもらえない。
お隣のおばさん家の納屋に忍びこんだロッタは・・・・・。


「はじめてのおつかい」よりも幼いです。
幼いからか、やってる事はこっちの方がひどいです(^^;
タイトルの自転車のエピソードも
フツウに不法侵入に窃盗では・・・・・と思ってしまいました。
他にもお兄ちゃんが命に係わる危機に陥っているのに
大笑いしているロッタちゃんにはちょっとひいてしまいました。

大人になって初めて「長くつ下のピッピ」を読んだ時も
てばなしに喜べなくなってしまった「オトナ」な自分がいたのです。
今回もそれを強く感じました。

「はじめてのおつかい」の方が好き、「赤いじてんしゃ」の方が好き、
と評価がわかれているようなのですが、理由がわかったような気がします。
私は「はじめてのおつかい」派です。
でも、ドンびきしちゃったとこもあるけれど、
なんだかんだ言いつつこっちのロッタちゃんも好きです。
ごうじょっぱりなところは実は私の小さい頃にソックリ。笑




posted by マミイ at 22:57| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドン引きでしたね〜。
お兄さんの事を嗤っているシーンは、ホラー映画かと思いましたよ。
冒頭から、ロッタちゃんの目の前に熱々のアイロンを置いたり、風邪を引いているのに兄妹と遊ばせたり、一緒の部屋に寝かせたり、川に行ったのに子供から目を離したり、色んな意味でハラハラさせられました。

その上、周りの人みんなに甘やかされて…。自転車の件では、いちおう反省させる方向にもっていったけど…。
こういう子が、青春学園もので主人公に意地悪するスクールカーストトップの女王さまみたいになるのかなぁと思ったら、妙に納得してしまったり(笑)

原作は知らないんですが、ずっと使っているマグカップのイラストがロッタちゃんだったらしく、そっくりだなぁと驚きました。
黙っていれば可愛いと思います。イラストを観た時は、こんな強烈な子だとは思いもよりませんでした(笑)
「ロッタちゃんのはじめてのおつかい」も機会があったら観てみますね。
Posted by 宵乃 at 2013年10月16日 10:17
宵乃さん、こんばんは。

>お兄さんの事を嗤っているシーンは、ホラー映画かと思いましたよ。
無邪気なのはわかるんですが、誰も止めないのが怖いですよね。

>こういう子が、青春学園もので主人公に意地悪するスクールカーストトップの女王さまみたいに
>なるのかなぁと思ったら、妙に納得してしまったり(笑)
あはは!確かに年の離れた末っ子で一番甘やかされて育ってますよね。

>ずっと使っているマグカップのイラストがロッタちゃんだったらしく、そっくりだなぁと驚きました。
私もこの原作は未読ですが、児童書の表紙だけ見ました。
確かに似てますよね。

>黙っていれば可愛いと思います。イラストを観た時は、こんな強烈な子だとは思いもよりませんでした(笑)
>「ロッタちゃんのはじめてのおつかい」も機会があったら観てみますね。
アチラの方が6歳になったからか、少〜しマイルドになってました。笑
ホント、黙っていればかわいいですよね。
Posted by マミイ at 2013年10月16日 20:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。