2013年07月30日

どっかで見たことが・・・・・

WALK HARD.jpg
ウォーク・ハード ロックへの階段
原題:WALK HARD: THE DEWEY COX STORY
製作2007年 アメリカ 監督:ジェイク・カスダン
脚本:ジャド・アパトー、ジェイク・カスダン
出演:ジョン・C・ライリー、ジェナ・フィッシャー


真面目なイラストを描きましたが、本作はコメディです。
抱腹絶倒!ってわけではないですが(^^;
なかなかおもしろかったです。

(あらすじ)
久々のステージを前にデューイ・コックスは
自分の半生をふりかえるのであった・・・・・・・。


当然ですが、デューイは架空の人物です。
でも本物っぽく描いているので笑えます。
っていうか、ジョン・C・ライリーのあの見事なオッサン顔で
14歳の少年時代を演じるなんて反則です!!!笑

ボブ・ディラン風なインタビューシーンやライブシーンがあり
先日観た『アイム・ノット・ゼア』を思い出しました。
ジョン・レノンにソックリなポール・ラッドがおもしろかったり、
ポール・マッカートニーに似せる気のないジャック・ブラックがおもしろかったりします。

『ショーシャンクの空に』では刑務所の壁に貼られたグラビアピンナップで
時代の変遷を感じましたが、本作ではドラッグの変化で時代の変化を感じました。

私は未見ですが、タイトルが似ているように
『ウォーク・ザ・ライン』のパロディでもあるらしいです。
でも先にも述べましたが、ボブ・ディラン風でもあったりするので
色んな時代のロックの最先端をいってた人たちをモチーフに作られてる人物だと思います。
ロックが好きな人にはオススメです。




posted by マミイ at 22:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。