2007年03月28日

予告観て期待しすぎちゃった・・・


エリザベスタウン 原題:ELIZABETHTOWN
製作2005年 アメリカ 監督:キャメロン・クロウ
脚本:キャメロン・クロウ
出演:オーランド・ブルーム、キルスティン・ダンスト


映画館で予告編を観た時からぜひとも観てみたかった映画!
でも、期待しすぎたのかなぁ、思ってたのと全く違う構成で
・・・・・・・・・私的には、残念!

(あらすじ)
靴のデザイナーであるドリューはある日10億ドルの損失を
会社に与えてしまい、解雇されてしまう。
失意のドリューは自殺を決意するが、そんな時にかかってきた
1本の電話・・・・・それは父の急死を知らせる電話であった。
ドリューは父の故郷であり、葬儀の場所である
ケンタッキー州の小さな町エリザベスタウンへと1人向かうが、
飛行機の中で、不思議な魅力のキャビンアテンダント
クレアと出会うのであった・・・・・・。


予告では、どん底からの再生がテーマの
ロードムービーっぽかったのです。
確かにそんなシーンありましたよ・・・・・でも、
2時間ある映画のうちの残り30分だけ!ってどうなのぉ???

そこに行きつくまでが・・・・・ゼェゼェ・・・長かった。
息切れしちゃいました。

ドリューの心情がそうなのかもしれない。
会社でもプライベートでも色々あったみたいだから
(詳しく描写してくれていないのでそれも欲求不満のひとつ)
すぐに気分を入れ替えることはできないだろうけど
ダラダラしすぎですよ〜〜〜!
もうちょっと告別式のとことか削ってもよかったんではなかろうか?
ロードムービーのシーンはホントによかったので
そこんところをもっと、もっと、たくさん観たかったです。


クレア役のキルスティン・ダンストは前向きで、
ほんのちょっぴりクレイジーで
とってもキュートでした。


posted by マミイ at 09:20| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラブ・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。