2013年07月28日

ものすごい重圧

HABEMUS PAPAM.jpg
ローマ法王の休日 原題:HABEMUS PAPAM
製作2011年 イタリア 監督:ナンニ・モレッティ
脚本:ナンニ・モレッティ、フランチェスコ・ピッコロ、
フェデリカ・ポントレモーリ
出演:ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、
ナンニ・モレッティ


邦題や予告からほっこりするようなコメディかと思ったのですが
結構重ためのお話でした(^^;

(あらすじ)
ローマ法王が逝去し、次期法王を決める「コンクラーヴェ」が開催された。
何度も投票が行われ、最終的に枢機卿メルヴィルが法王に選ばれた。
メルヴィルは引き受けたものの、法王就任の挨拶をするために
群衆の前に出ようとした途端パニックにおちいり・・・・・。


最初から引き受けなければいいのに・・・・と少し思いましたが、
みんなの期待を一身に集めたあの場面で固辞することは難しいでしょうね。
ものすごいプレッシャーだったと思います。
みんなの気持ちを考えて
なんとなく引き受けてしまうような性格だったからこそ、
あのように思い悩むのだろうなと思いました。

監督さんは精神科医の役もやっているのですが
精神科医っぽくて笑えました。
精神科医って全世界であんな感じなんでしょうか?


ラストは最初はえぇ〜〜〜っ!?ととても驚きましたが、
あの選択って、実はとっても大事な事なのではないかと思いました。




posted by マミイ at 10:51| 大阪 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、タイムリーなので観たいとチェックしている映画でした。ご紹介ありがとう!
Posted by しずく at 2013年07月31日 10:54
しずくさん、こちらにもありがとうございます。

コンクラーヴェって言葉は先日のニュースで初めて知りました。

もちろんバチカン内部は撮影禁止なのだそうですが、
本物っぽく見えました。

実際にこんな感じだったのかなぁ・・・と思いながら観ました。
Posted by マミイ at 2013年07月31日 11:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。