2013年07月21日

復讐のお味は?

LAW ABIDING CITIZEN.jpg
完全なる報復 原題:LAW ABIDING CITIZEN
製作2009年 アメリカ 監督:F・ゲイリー・グレイ
脚本:カート・ウィマー
出演:ジェイミー・フォックス、ジェラルド・バトラー、


今月のブログDEロードショーの作品でした。
ジェラルド・バトラーが好き♪とか言ってるくせに
彼の出演作をちゃんとチェックしていない私には嬉しい企画でした!
いきつけのレンタルショップでサスペンスの棚を探したらなかったのですが
アクションの棚にあったのでよかったです。
(でも、そんなアクションはしてないですが・・・。)

(あらすじ)
クライドは幼い娘と妻を幸せに暮らしていたが、
押し込み強盗に入られ妻と娘を無残に殺されてしまう。
犯人は捕まったが、証拠がほとんどなく、
高い有罪率を誇る検事のニックは主犯格であるダービーと司法取引をして
エイムスを有罪にするが、ダービーは罪が軽くなり早期に釈放されてしまった。
それから10年、エイムスが死刑になる日・・・・・。


う〜ん、色々とツッコミどころが多かったです。
まず、あんな簡単に不用意にドアをあけちゃいけません!!
今や日本でもやらないのではないでしょうか?
最近は宅配便だと言われても警戒しちゃうのに・・・・・。

そして、捕まるときになぜ裸に!?
私のため???そんなわきゃないですけど。笑

用意周到に準備をして、犯人に対して復讐を始め、
その後司法に対する復讐も始めちゃうわけですが・・・
関係者に痛みを与えたとしても死んでしまった愛する人は帰ってきません。
結局復讐のすえに残ったものは空しさだけだったのではないでしょうか?
10年間ずっと片時も離さずに持っていたブレスレットを見ながら
彼は何を思っていたのでしょう?

ラストもなんだかなぁ・・・・。
以下ネタバレです。未見の方はご注意を!







あれだけ用意周到に準備してきたクライドが
アジトを簡単に発見され、自陣へ侵入を容易に許してしまうところとか、
爆弾に振動センサーすらつけていないなんて・・・・・
(1974年製作の「ジャガーノート」にさえ装備されているのに)
最後のグダグダっぷりはどうよってげんなりしました。

そしてニックが何事もなかったように幸せになるのが許せないというか、
まず、最初に彼を狙えよ!と思わずにはいられないというか・・・(^^;

あれだけ優秀な頭脳を持っているのだから、もっといい方向に使って
司法制度の悪い点をビシバシ指摘して改善してほしかったなぁと思いました。
彼の復讐はまた新たに自分と同じような存在を作り出しただけの
自己満足にすぎないのです。




posted by マミイ at 22:26| 大阪 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 マミイさん、こんばんは

爆弾に振動センサー>僕も、ここが一番萎えました。(笑)
ここは、もう完全に映画を続ける為の設定。
ミスじゃないのが、余計にイタイ。

クライドが国家の裏組織の頭脳だった、というのも、何だか後付け設定みたいだし、
ニックを後回しにするとか、
随分、ご都合主義が目に付く映画で、前半〜中盤まで切れ味良かっただけに残念でした。
(観てる時は、それなりに楽しんでましたけど〜笑)
Posted by 鉦鼓亭 at 2013年07月21日 23:59
鉦鼓亭さん、おはようございます。

>ここは、もう完全に映画を続ける為の設定。
>ミスじゃないのが、余計にイタイ。
中盤までが完璧だっただけに驚きましたよね。
ただ、miriさんの記事を読んでからは
歯止めがきかなくなった自分を
無意識のうちに誰かに止めてほしかったのかな、と思いました。

>随分、ご都合主義が目に付く映画で、前半〜中盤まで切れ味良かっただけに残念でした。
脚本を書いたカート・ウィマーさんは結構ご都合主義的なお話が多いかもしれません(^^;
世間的には評価があまり高くないのですが、
カート・ウィマーさんが脚本と監督をされた
『リベリオン』も結構ツッコミどころが多いのですが、
こちらはアクションがとても美しいので私は大好きな映画です。
Posted by マミイ at 2013年07月22日 08:25
マミイさん、昨夜はコメントを有難うございました☆

>う〜ん、色々とツッコミどころが多かったです。
>まず、あんな簡単に不用意にドアをあけちゃいけません!!

開けた瞬間に、この映画(お話し)の一番の問題点はココだと思いました!
きっとマミイさんもそうだったと思います☆

>そして、捕まるときになぜ裸に!?
>私のため???そんなわきゃないですけど。笑

これはウケます! マミイさんをはじめとして、全女性の為〜???
まぁ何も持っていないよ〜って言いたかったのでしょうね〜???

で、イラストも、かなり(こんなお話しなのに)エロイです!!!
(ちょうど良いエロさ加減で・笑)

その上、ブレスがバッチリ見えて、泣かせますし〜♪
腕を上げましたな、おぬし☆

>関係者に痛みを与えたとしても死んでしまった愛する人は帰ってきません。
>結局復讐のすえに残ったものは空しさだけだったのではないでしょうか?

これは、それが出来る技術と頭脳とお金を持っていたならやるしかなかったと思います。
一般的には泣き寝入りですし、空しいのは、やってもやらなくても同じだと思います。

一部、家族を殺された人が死刑廃止を訴えているとかも聞いた事がありますが、
普通の感覚では99パーセントの人が出来ない事だと思います☆

>爆弾に振動センサーすらつけていないなんて・・・・・
>(1974年製作の「ジャガーノート」にさえ装備されているのに)

おぉ〜!!!
鋭い!!!
完全に忘れていました、その装置!!!

>そしてニックが何事もなかったように幸せになるのが許せないというか、
>まず、最初に彼を狙えよ!と思わずにはいられないというか・・・(^^;

この件については私のブログでお話しさせて頂いたとおり、
殺すのが目的なら簡単な事だったように思うし、
ニック氏は幸せそうな顔をしていなかったように思いました。
(妻は気付いていないし、一生分かりあえない事だと思います、お互いに)

>あれだけ優秀な頭脳を持っているのだから、もっといい方向に使って
>司法制度の悪い点をビシバシ指摘して改善してほしかったなぁと思いました。

これは、他人から見るとそれが一番良いし、
映画としても素晴らしいお話しになりそうですが、

現実的に妻子をああされて、ああいう裁判で、
もう彼の気持ちは「正しく生きる方向」に向く事は
理屈抜きで「不可能」な事だったように思います・・・。

>彼の復讐はまた新たに自分と同じような存在を作り出しただけの
>自己満足にすぎないのです。

そうですね、これは正しく生きるマミイさんならではのお言葉で、私はそれを忘れていました。

もちろんたくさん殺された人の遺族は、ほとんどは一般人でしょうから
泣き寝入りになるのでしょうけど、暗い心を抱えて生きて、
いつかどこかで何かのスイッチが入ると・・・と思うと
(たとえば、そういう復讐組織にお金だけ出すとか、色々と考えられますよね)
本当に、してはイケナイ事をしたのだな〜と、思いました。

・・・まぁお金があったので、米国を捨てて、心機一転、南米の治安の良い国(どこ?)あたりの田舎で、やり直す・・・のが一番の道だったのかもしれませんね〜???


Posted by miri at 2013年07月22日 09:57
>不用意にドアを開けちゃいけません

ですよね〜。しかも、正体がわかってさらに「おいおい!」と思ってしまいました。設定と人物像がぜんぜん噛み合ってない…。

>爆弾に振動センサーすらつけていないなんて・・・・・

これも思いました。でもまあ、ここら辺までくると、もう生きている必要性を感じてないのかもなぁとも。
その割りに驚いた顔してた気もするけど(笑)

>彼の復讐はまた新たに自分と同じような存在を作り出しただけの自己満足にすぎないのです。

そういうことですよね。制作者の意図したものと、出来上がったものが同じなのか気になるところです。

イラスト、ブレスレットがさりげなく入っていていいですね。
今回もご参加ありがとうございました♪
Posted by 宵乃 at 2013年07月22日 13:30
miriさん、こんにちは。

>開けた瞬間に、この映画(お話し)の一番の問題点はココだと思いました!
これがないとお話が始まらないわけなのですが、
さすがに今のご時世では・・・と気になってしまいました。

>まぁ何も持っていないよ〜って言いたかったのでしょうね〜???
前回の裁判では警察のせいで色々なものの証拠能力がなくなってしまったから
まるっきり信用していないんでしょうね。
ここで射殺されちゃったらおしまいなわけですし(^^;
でも、脱ぐとは全く思っていなかったので
は、はだ、はだか〜〜〜!?と動揺してしまいました。
なので、イラストもココです。笑

>その上、ブレスがバッチリ見えて、泣かせますし〜♪
>腕を上げましたな、おぬし☆
ありがとうございます!
やっぱりあのブレスはこの映画のキモだと思いましたので。
あのブレスを見ながら何を考えていたのか・・・
あえてセリフにして独白させなかった点はとてもよかったと思いました。

>一般的には泣き寝入りですし、空しいのは、やってもやらなくても同じだと思います。
それはそうかもしれません。
私が言ってるのは世間的な正論で、いわば他人事だから言える事ですもんね。
当事者になってしまったら
私も何をするかは全く考えられません。
こればっかりは理屈ではないんでしょうね。
そういうところをキチッとmiriさんがわかってらっしゃるから
すごく記事が読みやすくて内容がスッと入りました。

フツウにいつも通り観ていたら
バトラーさんのお尻しか印象に残ってなかったかもしれませんが(笑)
こうしてお話を聞かせていただけてとてもよかたと思います。

ブログDEロードショー様サマでした!!
Posted by マミイ at 2013年07月22日 17:19
宵乃さん、こんにちは。

>設定と人物像がぜんぜん噛み合ってない…。
あの設定はいつからできあがったのかが疑問です。
強盗前からだとするとちょっとマヌケすぎるし、
強盗後だとしてもそんな簡単に就職?できるとは思えないし。
しかも彼の正体をアッサリしゃべっちゃう人が・・・・・
お前はお世話になってたんと違うんかい!と思わずツッコんでしまいました。

>制作者の意図したものと、出来上がったものが同じなのか気になるところです。
脚本を書いたカート・ウィマーさんは
ガン=カタの「リベリオン」を生み出した方です。
そう考えると多少のご都合主義は仕方がないのかな、とも思いました。
あんまり深いところまでは考えずに作ってたりして・・・(^^;


>イラスト、ブレスレットがさりげなく入っていていいですね。
ありがとうございます!
あのブレスレットはこの映画のキモだと思います。

>今回もご参加ありがとうございました♪
こちらこそ、ありがとうございました。
色々とツッコミはしましたが
一人で観たらここまで深くは考えなかったので
この企画で観れてよかったです!!
次回は何を見ようか、今から考えておきます。
Posted by マミイ at 2013年07月22日 17:37
こんばんは!!

>そして、捕まるときになぜ裸に!?
>私のため???そんなわきゃないですけど。笑
(大爆笑)
そ、それ、は考え付かなかったですねー。
でも、『300』よりは色っぽく見えたのは何ででしょう?

>彼の復讐はまた新たに自分と同じような存在を作り出しただけの自己満足にすぎないのです。

そうなんですよね・・・
序盤に犯人をやってしまったので
「司法取引」「司法制度」が相手にするのかな
と思ったら・・・裁判長を罵倒するぐらいで
(ここのシーンは個人的に好きですが)

あとは、やってることとは犯人と変わらない
むしろ、数と目的からするともっと酷い。
(あ、その差別化で検事の娘に直接、手を出さなかったのかな・・・)

まぁ、あんなDVD送っただけでも
世の中の不条理の最たるものを見せたわけですから
ある意味「完全なる報復」なのかもしれませんね。

あとは、
>あのブレスを見ながら何を考えていたのか・・・
>あえてセリフにして独白させなかった点はとてもよかったと思いました。

あそこで何か、口にしたらだめですよね。
やはり秘すれば・・・だと思います。

最後に、この話題をするのもなんですが
『リベリオン』!!
いろんな意味で突っこみどころ多いですが
ガン=カタが好きなんですよ(笑)
当時、小学3年の息子に見せて
もの凄く、彼もハマっていました。

と全く関係のないコメントになってしまい申し訳ありません。
Posted by きみやす at 2013年07月23日 19:33
きみやすさん、こんばんは。

>そ、それ、は考え付かなかったですねー。
>でも、『300』よりは色っぽく見えたのは何ででしょう?
あはは、ついつい考え込んでしまいました。笑
やっぱりパンチラにエロチシズムを感じてしまうように
終始ムッキムキなマッチョの裸祭り状態よりも
ここ一番、予想していなかった時にいきなり裸を見てしまうと
ドキッとしてしまいませんか?
・・・・って、何を力説してるんだか(^^;

>むしろ、数と目的からするともっと酷い。
冷静に考えると恐ろしいですよね。
そりゃあ街中パニックになりますよね。
(街の人は目的は知らないから余計怖いでしょうね。)

>いろんな意味で突っこみどころ多いですが
>ガン=カタが好きなんですよ(笑)
お仲間発見!嬉しいです!!
ガン=カタは本当に何もかも忘れさせてくれるほど
ほれぼれしちゃうカッコよさだと思います。
Posted by マミイ at 2013年07月23日 21:54
こんばんは!!(^.^)

>そして、捕まるときになぜ裸に!?
>私のため???そんなわきゃないですけど。笑

 いやー、マミイさんの為ですよ!(笑)
 何でしょうね?無抵抗をアピールしたかったのでしょうか?
 凶悪犯ということで、いきなり撃たれる可能性が
 あったのでしょうか??やっぱりマミイさんの為でしょう!\(^o^)/

>爆弾に振動センサーすらつけていないなんて・・・・・

 もう笑わせないで下さい(笑)
 ホントですね!これは全く気が付きませんでした!!

最後はちょっとグダグダでしたね、、
最初が良かっただけに、そう感じました(^▽^;)
ちょっと無理やり終わらせた感もありましたね(汗)

ニックだけが幸せそうなのは頂けませんね、、
けどmiriさんが書かれてたように、罪を背負って
生きていくんですよね。。そういう事なんだと思います。

ま、ジェラルドバトラーはカッコ良かったというこで(笑)
Posted by take51 at 2013年07月23日 22:48
take51さん、こんにちは。

>いやー、マミイさんの為ですよ!(笑)
あはは!ありがとうございます!?

>凶悪犯ということで、いきなり撃たれる可能性があったのでしょうか??
多分そうでしょうね。
丸腰である事をわかりやすく示したんでしょうね。
検察だけでなく、警察も信用していなかったでしょうから。
(警察がキチンと仕事をしていたら
証拠から彼らは有罪になっていたはずなので。)

>ちょっと無理やり終わらせた感もありましたね(汗)
そうなんですよね。
それまでとのギャップがありすぎて唖然としてしまいました。

>ま、ジェラルドバトラーはカッコ良かったというこで(笑)
悪役だけど、かっこよかったです!
ついつい、バトラーさん視点で観てしまいました。
(だからこそ、終盤にゲンナリしてしまうという・・・。)
バトラーさん視点の邦題で正解なんでしょうか?
(これも、take51さんブログに書いてあった
miriさんのコメントを読んで思った事です。)
でも、説明はtake51さんが書いてくださった記事の方がわかりやすいです。
タイトルって難しいですね。
Posted by マミイ at 2013年07月24日 11:18
やっと見ました。
遅まきながら、参加出来ました。
皆さん鋭い観察眼で、なんでもかんでも、そのまま受け入れてしまう自分が情けなくもなりましたが、これから書きます。(笑)
またまた。イラストの画像おかりして宜しいでしょうか?
このイラスト筋肉質で、セクシーかも。
Posted by かえるまま21 at 2013年07月26日 10:29
かえるままさん、こんにちは。

>そのまま受け入れてしまう自分が情けなくもなりましたが
映画って楽しんだもの勝ちだと思うので
素直に世界観を受け入れるのが一番だと思います。
ツッコミいれながらも楽しんで観ちゃいますが(^^;

>またまた。イラストの画像おかりして宜しいでしょうか?
>このイラスト筋肉質で、セクシーかも。
どうぞどうぞ。
大好きなジェラルド・バトラーの裸体なので
気合いれて描きました。笑
Posted by マミイ at 2013年07月26日 14:04
コメントありがとうございました〜。
イラスト、皆さんセクシーだと感じてらっしゃいますね〜♪
バトラーさん、肉体美でしたよね。
気合がとても感じられますよ!
Posted by かえるまま21 at 2013年07月27日 14:47
かえるままさん、再びありがとうございます。

>バトラーさん、肉体美でしたよね。
すばらしい肉体ですよね。
しかも俳優をする前は弁護士だったという知性派なのです。
本作では製作も行っているんです。
Posted by マミイ at 2013年07月27日 20:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。