2013年06月30日

シンプルに

Two People.jpg
ふたり 原題:TWO PEOPLE
製作1972年 アメリカ 監督:ロバート・ワイズ
脚本:リチャード・デ・ロイ
出演:ピーター・フォンダ、リンゼイ・ワグナー


予備知識なしで観たのですが、タイトルと同様に
すごくシンプルで飾り気のないところに好感を持ちました。

(あらすじ)
アメリカ人モデルのディアドラはモロッコへ仕事に行き、
帰国する時に偶然エバンと知り合った。
なんとなく惹かれあう二人であったが・・・・・。


異国の地で出会うっていうのはやっぱり特別な感じがします。
何となくお互い探り合い、駆け引きっていうか、
どこまで踏み込んでいいのかとか緊張感がありますね。

エバンの素性が初めははっきりしてなかったのもよかったです。
ディアドラと同じように
彼はどんな人間なの?って興味を持ちましたし
電車の中で泣いてるのを目撃してしまったら
トシちゃんじゃないけれど
ハッとしてグッときちゃいます!(ふ、古い・・・・・。)

終わり方も好きです。
ロマンチックな映画でした。

異国の地で出会い、一夜限りの・・・・という事で
ジュリー・デルピー主演の『恋人までの距離(ディスタンス)』が
再見したくなりました。





posted by マミイ at 01:02| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | ラブ・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>終わり方も好きです。
>ロマンチックな映画でした。

良い映画でしたよね〜♪

ピーターフォンダって良いイメージがあまりなかったので、
この作品は良かったです、すっごく☆

バイオニック・ジェミーは、若く美しかった♪
マミイさんには、イミフ?

「恋人までの距離」は、昨年再見しました。
それぞれに良いですね〜うっとり・・・。



Posted by miri at 2013年06月30日 11:46
あ、またイラストのこと、書き忘れて・・・。
何というか・・・イラストは素晴らしいんですけど、
私、そんな風に見えなくって。。。ごめんなさい☆

マミイさんはそこにやられちゃったのですね〜?
う〜ん、現実的すぎる自分が悲しい。。。


Posted by miri at 2013年06月30日 12:48
 マミイさん、こんばんは

今日は昼前から頭の中で、このテーマ音楽が鳴り続けています、でも、目に浮かぶ映像は昨日観た「さよなら渓谷」なんですよ、バランスが滅茶苦茶状態です。

miriさんは、ああ仰ってますが(笑)、僕は、イラストのシーン、あのシチェーション、「男の涙」を効果的に使った実に上手い場面だったと思っています。
(このシチュを使って、何か書こうと思ったくらい)

列車、小さな村のバザー、夜のパリ、印象的なシーンが多いのですが、二人が一緒に居られないことを示した、朝のパリの警察庁シーンも忘れられません。

『恋人までの距離(ディスタンス)』>またリストが一つ増えてしまった。(笑)

「愛の嵐」にご興味があるなら、話は全然違うけど、似たシチュエーションの「さよなら渓谷」もお薦めです。
ただ、生々しいエロシーンが多いので要注意!ですけど。(笑)
(「しよう!」の台詞で始まる映画)
Posted by 鉦鼓亭 at 2013年06月30日 18:21
miriさん、こんばんは。

>ピーターフォンダって良いイメージがあまりなかったので、
>この作品は良かったです、すっごく☆
私もどんな悪い事をしたのかと最初はちょっと思っていました(^^;
それだけに、ギャップにクラッ☆です。笑

>バイオニック・ジェミーは、若く美しかった♪
>マミイさんには、イミフ?
そうなんです。
そのドラマは観たことも聞いた事なかったです。

>「恋人までの距離」は、昨年再見しました。
>それぞれに良いですね〜うっとり・・・。
この作品とは中身は違いますが、
本当にそれぞれに良いですよね!!

>何というか・・・イラストは素晴らしいんですけど、
>私、そんな風に見えなくって。。。ごめんなさい☆
お褒めいただき、ありがとうございます!
キュンとしながら描いてるのがわかりますか?(^^;
Posted by マミイ at 2013年06月30日 23:02
鉦鼓亭さん、こんばんは。

>バランスが滅茶苦茶状態です。
「さよなら渓谷」は知らなかったので調べてみました。
あはは、頭の中がすごい事になってますね(^^;

>「男の涙」を効果的に使った実に上手い場面だったと思っています。
あそこでただ車窓から景色を眺めてるだけだったら
そうでもなかったと思うんです。
泣くように見えない男が泣いていたからこそ、
えって驚き、そしてグイッとひきこまれました。
私は予備知識がなかったから見事にやられてしまいました。

>二人が一緒に居られないことを示した、朝のパリの警察庁シーンも忘れられません。
一夜の夢で終わらない、現実を突きつけられるシーンでしたね。

>『恋人までの距離(ディスタンス)』>またリストが一つ増えてしまった。(笑)
こちらもロマンチックなので機会があればぜひどうぞ!
続編の『ビフォア・サンセット』もいいんです。
できれば両方観ていただきたいです。

>話は全然違うけど、似たシチュエーションの「さよなら渓谷」もお薦めです。
気になりますね〜。
でも、近くでは公開していないようなので
DVD化もしくはテレビ放送を待とうと思います。

>ただ、生々しいエロシーンが多いので要注意!ですけど。(笑)
外国のは割とすっと流せるんですけど
日本人のってどうも生々しいような気がしてしまうのは
私だけでしょうか?笑
Posted by マミイ at 2013年06月30日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「ふたり」R・ワイズ監督(後半部でネタバレ)
Excerpt:  先日、30何年ぶりかで再見しました。  昔、見た時と変わらない良さが有りました。  僕の好きな「恋愛映画」です。  が、しかし・・・、しかし。  何じゃ、この酷い画質は!そのクセ高額!!  まあ、値..
Weblog: セピア色の映画手帳
Tracked: 2013-06-30 18:25

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。