2007年03月24日

本当の自分を認めてもらうこと


トランスアメリカ 原題:TRANSAMERICA
製作2005年 アメリカ 監督:ダンカン・タッカー
脚本:ダンカン・タッカー
出演:フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ


トランスセクシュアル(性同一性障害者の中でも、身体の性と
こころの性の不一致を特に強く感じている人)が主人公の映画です。
そういうマイノリティな人達だけでなく、
テーマはもっと身近なものであるように感じました。

(あらすじ)
ブリーはトランスセクシュアルで現在はLAで女性として
生活を送っている。身も心も女性になりたい彼女は
形成外科手術を熱望、最後の手術許可がやっとおりた。
その時、突然NYの拘置所から
彼の息子が拘留されていると連絡が入る。
ブリーがまだ男性だった大学時代に一度だけ関係を持った女性が
17年前密かにトビーを出産していたのだ。
自分が父親とは言えず、教会職員だと偽って
トビーと会うブリー。
トビーはNYで劣悪な環境で暮らしており、
そこから助け出すためブリーは身分を偽ったまま
トビーと一緒にLAへと車で出発するのであった・・・。


ブリーを演じるフェリシティ・ハフマンが素晴しいです。
どっからどう見てもオンナになりたい男にしか見えない!
声とか座り方とかどこか男性らしさが垣間見えるのです。
私が彼女が本当の女性だと気づいたのはラスト間近でした。

ブリーはトランスセクシュアルであり、両親、特に母親は
彼を認めてくれません。
『あなたのためなのよ。』って自分の意見を子供におしつけ
本当のブリーを受け入れようとはしません。
これはトランスセクシュアルだけの問題ではなく
誰もが経験するかもしれないことではないでしょうか。

ありのままの自分を受け入れて欲しいと願うのは
人として当然の願いだと思います。
ブリーはたまたまカラダは男性として生まれてしまったけど、
ココロは女性なのです。


『ボーイズ・ドント・クライ』という性同一性障害の女性が
主人公の映画があるのですが、こちらは重く哀しく
やりきれない映画なのです。(しかも、実話なのです。)
『トランスアメリカ』はもちろんマイノリティに対する
偏見や誤解、キワモノ扱いなどもありますが
きちんと真摯に受け止めてそれでも生きていこうという
前向きなひたむきさが感じられる
とってもいい作品だと思います。


posted by マミイ at 07:40| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良かったでしょう?!

フェリシティはうますぎでしたよね。メイクでちょっとブサイクな感じにしてたけど、しぐさとか声質とか男っぽい感じ出してた。完璧ですよ。すげーですよ。

これは結局、差別や偏見を告発するんじゃなく、親子の関係を描いてるのだよね。ロードムービーの作りも好感度高いです。ほのぼのな雰囲気で、マジメくさってないのが良い。

ちょっとだけ歩み寄るラストも◎!!

コリャ傑作だ!!
Posted by shit_head at 2007年03月24日 20:42
師匠〜!
素晴しかったですよ〜!!
鑑賞後もすごく爽やかな気分になれたし。

フェリシティは完璧すぎです。
師匠の記事で女性って書いてたにもかかわらず
冒頭のシーンからずっと男性だと思い続けてました。


他にもいくつかDVDを借りてきたのですが
不覚にも『オレンジ・カウンティ』を借りてくるの
忘れちゃいました。
もう1回レンタルショップに行って出直してきます!
Posted by マミイ at 2007年03月24日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

うん、こりゃいい映画だわ! 「トランスアメリカ」
Excerpt: 問題は結局は「スカートの下に何があるか」じゃないんすよ! 性同一性障害(トランスセクシュアル)という難解で切実なテーマに、真正面から取り組んだ作品。 明らかに傑作でしょ、これ。 勇敢な人たちが..
Weblog: 年がら年中爆走するブログ!! 
Tracked: 2007-03-24 20:43

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。