2007年03月23日

こんな風に教えたいな〜


ベルリン・フィルと子どもたち 原題:RHYTHM IS IT!
製作2004年 ドイツ 監督:トマス・グルベ
出演:サイモン・ラトル、ロイストン・マルドゥーム
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団


素人の子供たちがオーケストラと一緒に共演する・・・
実際にあったとってもうらやましい企画です。
子供のときにこんな経験したら、人生変わってしまいそう!

(あらすじ)
ベルリン・フィル芸術監督で指揮者でもあるサイモン・ラトル。
彼が子供たちにクラシックの楽しさを知ってもらいたいと
企画したのはストラヴィンスキー作曲『春の祭典』を
ベルリン・フィルが演奏し、地元の250人の子供が踊るというもの。
下は8歳から上は20代前半まで、さまざまな子供たちが集まり、
最初はふざけあっていたのに、段々とダンスに熱中していく
さまをドキュメントでおっていく・・・。


やらなきゃいけないコトがあるのに、ついふざけて
ごまかしてしまうこと、誰にでも経験があると思います。
それは不安だからだ!ってオトナたちがちゃんと指摘して
自分達で話し合い、気づくまで待ってくれたり・・・
(実際は発表の期日が決まっているから
いつまでもは待てないのですが。)
こんな指導者・・・そこまでたいそうな立場ではなくても
子育てにおいてそういう風に子供に教えることが
できたらいいなと思いました。


posted by マミイ at 09:17| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。