2013年05月28日

なんともいえない


アウトレイジ ビヨンド
製作2012年 日本 監督:北野武
脚本:北野武
出演:ビートたけし、西田敏行、三浦友和、小日向文世、加瀬亮


珍しく主人がDVDを借りてきたので一緒に観てみる事にしました。
でも、「アウトレイジ」も観てないし、
北野作品も初めてだったので
う〜ん、何とも言えませんでした。

(あらすじ)
加藤が山王会の会長になり5年が過ぎた。
元大友組だった石原が若頭になり、古株の幹部たちはいい気がしない。
そんな時に幹部の富田はマル暴の刑事片岡から
関西を牛耳る花菱会との一席を設けられるが・・・・・。


まず、ゴチャゴチャしすぎてよくわかりませんでした。
刑事が色々と裏で糸をひこうとしてるのですが、
ひききれてないのが観ててモヤモヤしました。
ホントに計算通りなの、オッサン?って感じです。

花菱会の面々も・・・・・ちょっとイケズがすぎます。
ブログを通して知り合った方からはそんな事は感じたことはないですが、
関東の人って関西の人をこんな風に思ってるの?とちょっと悲しくなったほどです。

前半はやたら説明臭いセリフばかりで聞いてて疲れました。
後半はバンバン銃ばっかり撃っててここは日本なのかと思いました。
(誰が死んだかすらわからない状態でした(^^;)
いずれにせよ、前作も観てないし、任侠映画を観なれていない私が
みるべきものではなかったなぁと思いました。

特に描きたいと思う場面もなかったので、
今回はイラストはナシです。


posted by マミイ at 10:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。