2007年03月16日

よりスタイリッシュに


トーマス・クラウン・アフェアー
原題:THE THOMAS CROWN AFFAIR
製作1999年 アメリカ 監督:ジョン・マクティアナン
脚本:レスリー・ディクソン、カート・ウィマー
出演:ピアース・ブロスナン、レネ・ルッソ


前にも紹介しましたが『華麗なる賭け』のリメイクです。
よりスマートに、よりスタイリッシュになってます。
盗みの手口が鮮やかでステキです。

オリジナル版でヒロインを演じたフェイ・ダナウェイが
精神分析医として登場しているのもこころにくいです。

(あらすじ)
大富豪の実業家トーマス・クラウン。
スリルを求め、モネの絵画を鮮やかな手口で盗む。
保険調査員のキャサリンはトーマスが犯人である事を確信、
彼に近づくのであったが・・・・・。


ピアース・ブロスナン、スマートで女の扱いも心得ていて
とってもステキです。
オリジナル版よりは恋愛重視になってるかな。
でも、盗みのシーンはこっちの方が好きです。
オリジナルは銀行強盗で現金を狙ってますが
こっちは有名絵画でホントに道楽・・・というか
ただスリルを求めて盗んだんだなって余裕が感じられます。

ラストは私はオリジナル版のほうが好きです。
両方を見比べて違いを楽しむのもいいと思います。

それと、フェイ・ダナウェイ!
年をとっていますが、妖艶で知的な雰囲気をかもし出しており
とってもステキでした。


posted by マミイ at 18:48| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ラブ・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大好きな作品なのだ!
ピアース・ブロスナン・・・しぶい!!

フェイ・ダナウェイが出演してたんだね。
先日、「俺たちに明日はない」を観てねぇ。
とってもキュートだったなぁ。

オリジナル版を観てないから、今度観てみようっと。

Posted by sachi-e at 2007年03月17日 22:14
オリジナル版はスティーブ・マックイーンだから
ちょっとピアース・ブロスナンとは色気が違うのだ。
今度、大脱走も一緒に観ようぜい。

オリジナルのフェイ・ダナウェイはとってもキュート。
オススメだよ。
Posted by マミイ at 2007年03月17日 22:30
観ました観ました!
ピアース・ブロスナンがかっこいいんですよね!
大富豪で二枚目、そのうえ華麗に盗みをはたらく。
(○ ̄ 〜  ̄○;)ウーン・・・男のロマンですかねぇ。
オリジナルは知りませんでした。(´・ω・`)
Posted by しんのすけ at 2007年03月20日 14:02
P・ブロスナン、かっこいいですよね〜♪
スリルを楽しむ余裕のある大人のオトコって感じで。

オリジナルは私も最近知りました。
古い映画ってテクニックがない分、
アイデアがものすごくいいですよね。
Posted by マミイ at 2007年03月21日 15:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。