2007年03月15日

永遠の青春スター


エデンの東 原題:EAST OF EDEN
製作1954年 アメリカ 監督:エリア・カザン
原作:ジョン・スタインベック
脚本:ポール・オズボーン
出演:ジェームス・ディーン、ジュリー・ハリス


ジェームス・ディーンです。
青臭〜い、悩み多き青年の役がピッタリです。
でも、いつのまにか、彼よりも彼の親目線で
観てしまっている自分がいます。
・・・年、とったなぁ・・・。

(あらすじ)
聖人君子のような父アダムと兄アロンに比べ、
ひねくれているキャル。
キャルは父の愛を得たいと思っているが、
父の愛はアロンにばかり向けられている。
ある日父が事業に失敗、
キャルは父のためにお金を稼ごうとするが・・・。


ナイーブなんだけど、素直になれず、周囲から理解されず
『悪人』とレッテルをはられてしまうキャル。
若い時に観たらもっとキャルに共感したと思うのですが、
今はもうちょっと大人になってほしいな・・・と思ってしまう
自分がいました。

うちの息子も思春期にはこんな風になってしまうのかしら?
時代が違うからちょっと違うかな。
私はアダムみたいな聖人ではないし^^;


posted by マミイ at 22:29| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 青春・友情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。