2013年05月09日

どんな気がする?

aiden.jpg
アイデン&ティティ
製作2003年 日本 監督:田口トモロヲ
原作:みうらじゅん
脚本:宮藤官九郎
出演:峯田和伸、麻生久美子、中村獅童、大森南朋、マギー


実は麻生久美子さんがすごく好きなのですが、
(今の「やきません!」ってベルメゾンのCMも好きです。)
みうらじゅんも好きだしこの映画も観てるはずなのに
麻生さんのことはノーマークだったので再見してみました。
(観たのはブログ始める前だったし・・・。)

(あらすじ)
一大バンドブームにのってメジャーデビューしたバンド、
スピードウェイのギター中島は売れる歌と歌いたい歌の狭間で悩んでいた。
そんな時に自分にしか見えないボブ・ディラン似の男が現れ・・・・・。


イカ天・・・・当時中学生だった私も夢中で観てました。
冒頭にインタビューで出る人、ほとんどわかります!
個人的には人間椅子の和嶋さんが出てたのが嬉しかったかな。

不幸なことに、不幸なことを経験してこなかった
中産階級の人間が主人公です。
中島の気持ちがすごくよくわかりました。
やっぱロックとかパンクって日常の不平不満をぶつける
ハングリーなものが前提にあるってイメージがあるんですが
実は日常にはそんなに不満な事ってない平々凡々な自分がいて
ちょっとしたジレンマなんですよね。

ミスターDがハーモニカを通して言った言葉は
たぶん、ボブ・ディランの歌の歌詞なのだと思いますが

君の立場になれば君が正しい。僕の立場になれば僕が正しい。
やらなきゃならないことをやるだけさ。だからうまくいくんだよ。
愛しかない、それが世界を動かしている。

・・・・私にもボブ・ディランの言葉がビンビン突き刺さりました。
ボブ・ディランの歌は時々聴いているんですが
改めて歌詞をちゃんと読みたいなぁと思いました。
エンドロールはLike A Rolling Stoneが流れるのですが
How does it feelってディランに聞かれたときに
言葉につまらずに、きちんと答えられる人間になりたいです。


麻生さんの役どころは中島の彼女でした。
お高くとまってるって評価もありましたが、私は好きでした。
(麻生さんじゃなかったら、嫌いかも・・・って可能性はあるなぁ(^^;)
彼氏の首筋にキスマークがあっても淡々と対処する冷静さがすごいです。
彼女にほめてほしいからやる・・・・この中島の気持ちもわかりました。


誰でも心の中にディラン、もしくはディランみたいな人間がいて
時々忠告・・・って言ったらおかしいですが、
何か一言言ってくれる、そんな事ってあるような気がします。




posted by マミイ at 05:11| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青春・友情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。