2007年03月13日

ただ、ただ、好きというだけだけど


リトル・ダンサー 原題:BILLY ELLIOT
製作2000年 イギリス 監督:スティーブン・ダルドリー
脚本:リー・ホール
出演:ジェイミー・ベル、ジュリー・ウォルターズ
ゲイリー・ルイス


好きなコトは誰にでもあるけれど、
それがなぜ好きなのかを説明できるヒトは少ないと思います。
でも、好きなものは好き!でいいのだと思います。

(あらすじ)
1980年代、イギリス北部の炭鉱町で11歳のビリーは
炭鉱夫の父と兄、認知症気味の祖母と暮らしていた。
ある日ビリーはバレエに出会う。
ビリーは理由はわからないがバレエに魅かれ、
ウィルキンソン先生の下でバレエを習い始めるのであった・・・。


BGMがとにかくいいです。
T.REXやThe Clash、The Style Councilなど
ブリティッシュ・ロック満載です。
バレエだからってクラシック音楽を多用しなかったところが
この映画のいいところだと思います。


posted by マミイ at 17:44| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。