2013年04月15日

憶測とびかう世界

Tinker Tailor Soldier Spy.jpg
裏切りのサーカス 原題:TINKER TAILOR SOLDIER SPY
製作2011年 イギリス・フランス・ドイツ
監督:トーマス・アルフレッドソン
原作:ジョン・ル・カレ
脚本:ブリジット・オコナー、ピーター・ストローハン
出演:ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、
トム・ハーディ、マーク・ストロング、
ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・ハート


とても複雑な映画なので予習してから観た方がよいと
アドバイスをもらっていたにもかかわらず、
予備知識なしで観てみました。
(天邪鬼ですみません・・・(^^;)
でも、すごくおもしろい映画でした!

(あらすじ)
冷戦下の英国諜報部「サーカス」のリーダーである「コントロール」は
二重スパイ「もぐら」の存在を暴ききれずに失脚、引退を余儀なくされる。
コントロールの右腕だった「スマイリー」も同じく引退したが、
レイコン次官から秘密裏に「もぐら」は誰かつきとめるよう依頼され・・・・。


ゲイリー・オールドマンはどこに出てるんだろう?と
10分ぐらい考えていたら、パッケージの時点で目の前にいました!
全然わかりませんでした(^^;
「スマイリー」というコードネームなのに全然笑いません。
(一応ジョージ・スマイリーという名前なのですが、
スパイなので偽名かなと思いました。)
冷酷な瞳が怖かったです。

セリフを極端に少なくし、憶測で色々と考えることのできる映画でした。
冷戦当時もこの映画のように、少ない情報から
相手の情勢を考え出していたのではないでしょうか?

巧妙に時系列がいれかわっており、
私は教師をしていたジム・プリドーの教え子であったメガネっ子のビルが
成長してビル・ヘイドンになり、一緒にサーカスで働くようになった
・・・・・と考えていたのですが、
他の人の感想を読んでもそんな事はどこにも書いてなかったです(^^;

まあ、そんなこんなで少ない情報をどのように考えるかは個人の自由!
はっきりとした種明かしがないので
(モグラははたして一人なの・・・・・?)
色々な事を考える余地のある映画だと思います。

派手な銃撃戦がなくてもヒリヒリとした緊迫感の味わえる映画です。
原題のTINKER TAILOR SOLDIER SPYはマザーグースの童謡
Tinker,Tailor,Soldier,Sailor,
 Rich man,Poor man,Beggarman,Thief. からきているようです。
スマイリーは残るどれだったんでしょうね?
乞食?泥棒?
一生懸命サーカスのため、コントロールのために働いてきたのに
自分も駒の一つでしかなかったと知った時は・・・・・
ショックだったでしょうね。


ところで、モール=もぐら=スパイについては
「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」で
ほくろの大きな二重スパイというパロディがあったので
(モールにはほくろという意味もあるそうです。)
それを思い出してちょっと笑ってしまったのはナイショです。





posted by マミイ at 08:04| 大阪 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます☆

>私は教師をしていたジム・プリドーの教え子であったメガネっ子のビルが
>成長してビル・ヘイドンになり、一緒にサーカスで働くようになった

これはちょっと年齢的に合わないと思います。
もしそうなら、教師の時の姿がものすごく若くないと・・・。
そして二人の年齢的外見が反対になっていると思います・・・。

どうもすみません、それぞれ受け止め方は自由だと思いますが、ちょっと見た目がアレだったんで・・・。
Posted by miri at 2013年04月15日 09:08
miriさん、こんにちは。

>もしそうなら、教師の時の姿がものすごく若くないと・・・。
若ハゲだったのかなぁ・・・と都合よく解釈してました。
でも、あとあと考えるとちょっとスマイリーも出てましたし
そんなに昔の話ではないのだろうなと思いました。

>そして二人の年齢的外見が反対になっていると思います・・・。
そうですか?
私はジムの方が年上だと思って観てました。
(・・・・・髪の量のせい?)
一応公式サイトでは親友って事なので
年齢はそんなには違わないのかもしれませんね。
でも、二人が親友である事をうかがわせるような場面はほとんどなかったように思います。
(同性愛っていうのも・・・ピーター・ギラムの別れの場面もあるので
なんか同じ映画で似たような関係なのはどうかなぁと思いますし。)

まあ、ゲイリー・オールドマンを認識できなかった事もありますし
私がスパイに向いていないことははっきりしていますね(^^;
Posted by マミイ at 2013年04月15日 14:27
こんばんは!!

>「スマイリー」というコードネームなのに全然笑いません。
 本当ですね、全く気づきませんでした(笑)
 名前のつけかたも全て意味があるんでしょうね!
 再見する時はその辺も注意してみたいと思います!!
 ん?ジョージ・スマイリーは本名かもしれませんね。
 記憶が曖昧ですが、奥さん宛の手紙がアン・スマイリーだった
 ような気もします。もしかしたらスマイリーって名前が嫌で
 笑わない性格になったとか?(^▽^;)

>一生懸命サーカスのため、コントロールのために働いてきたのに
>自分も駒の一つでしかなかったと知った時は・・・・・

 これはショックでしょうね、、、あれスマイリーも犯人の一人かも?
 と思って考えてたんでしょうね。。コントロールがモグラのことをスマイリーに
 話してるはずが無いですね!いやー、本当にショックですね(^▽^;)

オースティンパワーズのモグラの話など、ネタがいろいろ仕掛け
られてるんですね!また再見するつもりですが、
見るたびに気付きがありそうです!

再見したら、またお邪魔させて頂きます!!(^.^)

Posted by take51 at 2013年04月15日 22:58
追伸、イラストが素敵です!
背景のCIRCUSのネオンと駒の組み合わせが
お洒落です!!(^.^)
Posted by take51 at 2013年04月15日 23:04
 マミイさん、こんばんは

まだ映画館で一度観ただけなので、ストーリーを完全に把握できてないんですよね。(笑)
ただ、mardigrasさんの所で色々教えて頂いたので、次は大分把握できると思っています。
(一寸、(他の映画を観る)予定が詰まってるので、随分先になるけど)

ストーリーもスリリングでしたが、気を抜くと置いていかれそうで二重にスリリングな映画。(笑)

渋い映画ですよね。
派手な事は殆んどないのに緊迫感があって、入り組んだ話なのに面白い。
凄い作品だと思いました。

こういう「面白さ」は、ジャンルが違うけど「探偵<スルース>」(オリビエ&ケイン)以来2度目の経験でした。
(どこがどう似てる?と聞かれても、上手く説明出来ないのですが〜笑)

※スマイリーはBeggarmanだったと思います。
※最後に一瞬だけほくそ笑む、スマイリーの表情が凄いと言うか素晴らしかったです。
Posted by 鉦鼓亭 at 2013年04月15日 23:15
take51さん、おはようございます。
昨日は興奮して暴走した持論をぶちかましてしまい
失礼いたしました!恥ずかしいです(^^;

>記憶が曖昧ですが、奥さん宛の手紙がアン・スマイリーだったような気もします。
そこは覚えていませんが、ジム・プリドーも教師の時には
違う名前で普通に生活していたので
(ジムの偽名にサーカスの給料が振り込まれていたので
スマイリーがジムを発見するというくだりがありました。)
通り名というか、普段からジェームス・ボンドで生活しているというイメージです。
・・・・っていうか、今、気づきました。
ジムが教師になったのはブダペスト後なんですね。
いや〜、ますます持論が恥ずかしいです。消しませんけど。

>オースティンパワーズのモグラの話など、
原作はドラマ化もされていて、人気があったそうなので
多分オースティンのコント?も同一原作なのだと思います。

>背景のCIRCUSのネオンと駒の組み合わせがお洒落です!!(^.^)
イラストにも触れていただきありがとうございます!
華やかなネオンの内には陰謀がうずまいているところを
イメージしながら描いてみました。
再見する度に発見がありそうな、楽しみな映画ですね。
私も必ず再見しようと思ってます!

Posted by マミイ at 2013年04月16日 05:42
鉦鼓亭さん、おはようございます。

>まだ映画館で一度観ただけなので、ストーリーを完全に把握できてないんですよね。(笑)
映画館で観ると、ついていけないでしょうね。

>ストーリーもスリリングでしたが、気を抜くと置いていかれそうで二重にスリリングな映画。(笑)
一瞬たりとも気が抜けない映画でした。
集中力が持ちません(^^;

>こういう「面白さ」は、ジャンルが違うけど「探偵<スルース>」(オリビエ&ケイン)以来
>2度目の経験でした。
確かにあちらも舞台自体は派手ではないですが
(お屋敷や調度品は豪華でしたけど)
えげつないほどの心理戦が繰り広げられていましたね。
緊張感が似ていますね。
(リメイク版とは結末が違うからDVD化されていないのが残念です。
私はCS放送で観ました。)

>※スマイリーはBeggarmanだったと思います。
私はThiefかと思いました。
腹心のようにそばにいるけれど、
いっさいがっさい盗んでしまうとコントロールはおもっていたのかしら?と。

色んな考えかたができて、
観るたびに発見がありそうな映画でした。
>※最後に一瞬だけほくそ笑む、スマイリーの表情が凄いと言うか素晴らしかったです。
再見した時はこの表情も堪能したいと思います!
Posted by マミイ at 2013年04月16日 05:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。