2013年04月07日

人生の分岐点

MAURICE.jpg
モーリス 原題:MAURICE
製作1987年 イギリス 監督:ジェームズ・アイヴォリー
原作:E・M・フォスター
脚本:キット・ヘスケス=ハーヴェイ、ジェームズ・アイヴォリー
出演:ジェームズ・ウィルビー、ヒュー・グラント、
ルパート・グレイブス


しずくの水瓶のしずくさんとお話していた時に
ふと、本作を観たけれど、感想を書いていなかったことを思い出したので
(そして、内容もほとんど覚えていなかったので)
再見してみました。

(あらすじ)
同性愛が犯罪とされていた1910年のイギリス。
ケンブリッジ大学の学生であったモーリスは
上流階級出身のクライヴと出会い、密かに惹かれていく。
ある日クライヴから好きだと告白されたモーリスは・・・。


禁断の愛・・・・・くぅ〜〜〜、やるせないですね。
クライヴ役のヒュー・グラントがまた素敵なのです。
若い頃のヒュー様は上流階級の役がすごく似合います。
(今ではダメ男のイメージが(^^;・・・・・でも好きだけど。)

同じ視点だと思っていた二人ですが、
実は微妙に食い違っており、傷つけあってしまいます。
身分の差・・・と言ってしまっていいのかわかりませんが、
本能的に保身してしまうクライヴ。
その心変わりを責めてはいけないのかしら・・・・・。
とはいえ、結婚してからはフツーの男になってしまったので
内心ちょっとガッカリしちゃいました(^^;

人生の分岐点、その選択肢は間違っているかもしれないけれど
後悔せずに生きていきたい・・・・・モーリスの気持ちはよくわかりました。
ラストのクライヴの表情にも
見た目には人生の勝ち組である彼も実は迷い、
苦悩しているのだなぁと思いました。


posted by マミイ at 23:41| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 青春・友情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
こちらはもう忘れかけてます。男同士というだけで、普通のメロドラマだなぁと思ってしまったので、途中で気がそれてしまったのかなぁ?
たまに見分けがつかなかったりした気も(笑)
ふたりに感情移入できれば浸れる作品ですよね。
Posted by 宵乃 at 2013年04月08日 10:22
宵乃さん、こんにちは。

>男同士というだけで、普通のメロドラマだなぁと思ってしまったので、
あぁ〜、確かにメロドラマですね。
私は何度も映画化されている
『危険な関係』とか『アンナ・カレーニナ』とかも結構好きなので
メロドラマ好きでないと、おもしろくないかもしれませんね。

>ふたりに感情移入できれば浸れる作品ですよね。
お耽美なヒュー様ファンとしては必見だと思うのですが
それ以外の方にはあまりオススメできないかも(^^;
『いつか晴れた日に』とか『日の名残り』の
イギリス貴族風のヒュー・グラントは
かっこよくて好きなのです。
Posted by マミイ at 2013年04月08日 14:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。