2007年03月03日

革命という光の陰で・・・


夜になるまえに 原題:BEFORE NIGHT FALLS
製作2000年 アメリカ 監督:ジュリアン・シュナーベル
原作:レイナルド・アレナス
脚本:カニンガム・オキーフ、ラサロ・ゴメス・カリレス
ジュリアン・シュナーベル
出演:ハビエル・バルデム、オリヴィエ・マルティネス


キューバからアメリカに亡命した作家レイナルド・アレナスの
自伝が原作です。
『革命』というと、英雄がいて民衆を救って・・・・という
光の部分を想像してしまう事が多いのですが、
この作品は独裁政権下で迫害された作家が主人公です。

(あらすじ)
レイナルド・アレナスはキューバに生まれ、
革命を経験して20歳で作家デビューを果たす。
しかし、カストロ独裁政権下では民衆のココロを動かす
『芸術』は迫害の対象となった。
芸術家であると同時にゲイでもあったアレナスは
投獄され、小説も発禁処分となる。
しかし、アレナスはめげずに小説を書き続けるのであった・・・。


ハビエル・バルデム、すごいです。
なまめかしい魅力を漂わせて・・・・・。
『ロッキー・ホラー・ショー』のティム・カリーもだけど、
ギョロ目の人がホモ・セクシャルを演じると、
なんか迫力があります。メヂカラ???
俳優じゃないですが、フー・ファイターズの
デイヴ・グロールが自身のPVで演じてるのも好きです。


チョイ役でジョニー・デップやショーン・ペンが出てます。
ジョニー・デップはすぐにわかったけど
ショーン・ペンは最後のスタッフロール観てビックリ。
早送りで観なおして探しました。
ジョニデは・・・・・いいですねぇ。
そろそろジョニデの魅力の虜になりそうです。
・・・・・遅いって?(笑)


posted by マミイ at 09:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。