2007年03月01日

愛があふれてる・・・

ed.jpg
エド・ウッド 原題:ED WOOD
製作1994年 アメリカ 監督:ティム・バートン
脚本:スコット・アレクサンダー、ラリー・カラゼウスキー
出演:ジョニー・デップ、マーティン・ランドー


『史上最低の監督』と言われた実在の映画監督、
エド・ウッドを描いた作品です。
私はエドの事も彼の作品も観た事ないですが、
ティム・バートンは彼の事が大好きだったんだろうな〜と
観ていて思いました。

(あらすじ)
エド・ウッドは映画監督を夢見てハリウッドで働いていた。
ある日、往年のホラーの名スター、ベラ・ルゴシと
知り合ったエドは彼を出演させる事を条件に資金を調達、
短期間で映画を撮ったのであった・・・・・。


前に映画専門チャンネルでティム・バートンのドキュメントを
観た事があるのですが、エドとティム・バートンはよく似ています。
エドがベラ・ルゴシを尊敬していたように
ティムはヴィンセント・プライス(シザーハンズを作った博士役。
1993年没。生きていたらベラ・ルゴシ役はV・プライスが
演じたのではないでしょうか・・・・?
でも、マーティン・ランドーも熱演しており、
アカデミー助演男優賞を受賞してます。)を尊敬していました。
ま、資金にも人気にも恵まれなかったってところは違いますが。

エド・ウッドは女装癖があったそうで、エド・ウッド役の
ジョニー・デップが熱演!してます(笑)
ヒゲはえてても、なんか愛らしいジョニデの女装姿・・・・・
ジョニー・デップファンは必見ですよ!!

私的には、ゲイ役のビル・マーレイが妖しさ全開で好きでした。

2013.03.31追記
ジョニー・デップとマーティン・ランドー、ビル・マーレイしか
覚えていなかったのですが、オープニングのお墓クレジットで
サラ・ジェシカ・パーカー、パトリシア・アークエット、
ヴィンセント・ドノフリオが出ていると知ってビックリしました。

映画を作るっていうのは、本当にお金と手間がかかる仕事なのだなぁと改めて思いました。
たくさんの人の手を介すると言う事は
自分の意にそぐわぬことも時にはやらないといけないわけで・・・・・。

そんな時に目標としているオーソン・ウェルズから
「夢のためなら闘え。他人の夢を撮ってどうなる?」という言葉をもらって
エドはどんなに力づけられたことかと思います。
ほんの一場面でしたが、オーソン・ウェルズ役の
ヴィンセント・ドノフリオがかっこよかったです。
(サイコな役もうまいのですが、
こういう知的な役柄は本当にステキ!!)

あと、これまた出番は少なかったですけれど
リサ・マリー演じるヴァンパイラがスタイルも良くて妖艶で好きでした。
っていうか、信じられないほど腰が細いんですけど・・・・・。
この頃ティム・バートン監督はリサ・マリーと付き合っていたので
彼女の魅力を引き出すのはお手の物だったのでしょうね。
(しかも、自分好みにね!笑)

いろんな人の愛、熱意が伝わってくる映画です!



posted by マミイ at 14:35| 大阪 | Comment(9) | TrackBack(1) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
ティム・バートンにもエドのように敬愛する俳優さんがいたんですね〜。そういうところにもシンパシーを感じてたのか!
仰るとおり愛にあふれた作品で、観ていると癒されました。愛って偉大です。
ビル・マーレイも良かったですよね。あまりにはまり役で観ている間は彼だと気付きませんでした(笑)
Posted by 宵乃 at 2013年03月15日 07:46
宵乃さん、こんばんは。

>そういうところにもシンパシーを感じてたのか!
多分そう思います。
私は好きな芸能人と自分の共通点を無理やり見つけ出して、ニヤニヤしてました。
・・・自分と一緒にするなって?(^^;

>愛って偉大です。
ホントですよね。
昔読んだ漫画で
(多分カレカノだったかな?)
「愛は広がっていくものだから。」みたいなセリフがあって
感銘を受けたことがあります。

一人の人から色んな人へ・・・・・
この映画を作った色んな人の愛が
万人に広がっていってると思います。

>あまりにはまり役で観ている間は彼だと気付きませんでした(笑)
あはは!
彼も色んな役をこなしますよね。
しかも、どれもすごく自然ですよね!
Posted by マミイ at 2013年03月15日 23:28
ホント映画制作の大変さも伝わってくる作品でした。
今の時代に生まれていれば、まずは若い頃に動画で知名度を上げて、それから少しづつ映画監督として経験を積み重ね…みたいに順調にいったんじゃないのかなぁ。
まあ、そうするとルゴシに出会えないんですけど…。もしかしたら一緒に生まれ変わってるかも!

ヴァンパイラが綺麗でしたね。「アダムスファミリー」のお母さんを思い出しました。
はやく「プラン9」で本物を見てみたいです。
オーソン・ウェルズ役の人も出番は一回なのにすごい印象に残りました。
Posted by 宵乃 at 2013年03月31日 09:51
また書き忘れた…。
モノクロイラストからルゴシの迫力が伝わってきます。座ってるだけでオーラが漂ってくるんですよね。
背景もぴったり合ってて、アズペ初心者とは思えないくらい凄いです。長く愛用できるソフトなのでこれからもよろしく〜!
Posted by 宵乃 at 2013年03月31日 10:00
バス男に興味を持って、2、3日前にコメントしたのが、どこかでアクシデントを起し届かなかったみたいね・・・。(残念!)

エド・ウッドはレンタルしたのに
白黒だったので観ずに返してしまいました。

>エド・ウッドは女装癖があったそうで
>ゲイ役のビル・マーレイが妖しさ全開で好きでした

是非とも観なくちゃいけません!

最近眼の使いすぎで眼精疲労がひどいので治り次第
観たいと思います。
Posted by しずく at 2013年03月31日 12:02
宵乃さん、おはようございます。

>今の時代に生まれていれば、まずは若い頃に動画で知名度を上げて、
>それから少しづつ映画監督として経験を積み重ね…みたいに順調にいったんじゃないのかなぁ。
ホントですね!
わあ、そう考えると今風の作風ですよね〜。

>もしかしたら一緒に生まれ変わってるかも!
うふふ・・・あれだけお互いに理解しあえているから
またどこかで同じように付き合ってくれているといいなぁ。

>ヴァンパイラが綺麗でしたね。「アダムスファミリー」のお母さんを思い出しました。
ロングの黒髪に細い眉っていうと
あのおかあさんを思い浮かべますよね!

>座ってるだけでオーラが漂ってくるんですよね。
いつもイラストに触れてくださってありがとうございます!
周りが無名な人ばかりだからか、
ルゴシの演技がすごくて圧倒されちゃいますよね。
(エドがルゴシにぴったりの役を配置してるのもありますが。)
本物を観ると、どれだけマーティン・ランドーが熱演してるかわかりました!

>長く愛用できるソフトなのでこれからもよろしく〜!
いいソフトを教えていただいて、すごくよかったです。
ありがとうございました!
こちらこそ、これからもお願いいたします!!
Posted by マミイ at 2013年04月01日 06:32
しずくさん、おはようございます。

>バス男に興味を持って、2、3日前にコメントしたのが、
>どこかでアクシデントを起し届かなかったみたいね・・・。(残念!)
えぇ〜!そうだったんですか。
それはとっても残念です。
お手数おかけいたしました。

>エド・ウッドはレンタルしたのに
>白黒だったので観ずに返してしまいました。
最初は墓場風のオープニングだし、
ちょっととっつきにくいですよね。
でも、とってもいい作品だと思うので
また機会があれば挑戦してみてください。
ジョニー・デップの女装姿はファンならずとも必見です!笑

>最近眼の使いすぎで眼精疲労がひどいので治り次第
>観たいと思います。
目は安静にする以外どうしようもないですよね(>_<)
お大事になさってください。

私はパソコン用の眼鏡を2ヶ月前に購入したのですが
疲労感が少なくなったように感じます。
パソコンで長時間ゲームをしても目がショボショボしなくなったんです。
Posted by マミイ at 2013年04月01日 06:42
>私はパソコン用の眼鏡を2ヶ月前に購入したのですが疲労感が少なくなったように感じます。

貴重な情報ありがとう!
今日早速パソコン用眼鏡の下調べをしてきました。
こんな優れものがあったとは知りませんでした。
近日中に買うつもりです。
Posted by しずく at 2013年04月01日 18:33
しずくさん、おはようございます。

度が入ると1万円ぐらいするので安くはないですが
私は買ってよかったと思います。
正直言うと、普通の眼鏡と比べると随分安いので
壊れたときの予備用にとパソコン眼鏡を購入したのですが、
今ではパソコン用をメインで使っています。
(読書には向かないので、うまく使いわけないといけないですが。)
Posted by マミイ at 2013年04月02日 07:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

映画「エド・ウッド」観ました
Excerpt: 原題:ED WOOD 製作:アメリカ’94 監督:ティム・バートン ジャンル:★伝記/ドラマある日、往年のドラキュラ俳優ベラ・ルゴシと出会った映画青年エド。ふたりは瞬く間に意気投合し、ルゴシ..
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2013-03-15 07:08

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。