2007年02月24日

やりきれない・・・・・


イン・ザ・ベッドルーム 原題:IN THE BEDROOM
製作2001年 アメリカ 監督:トッド・フィールド
原作:アンドレ・デュバス
脚本:ロバート・フェスティンガー、トッド・フィールド
出演:トム・ウィルキンソン、シシー・スペイセク


う〜む、この映画、あまり観ない方がいいかもしれません。
特に、子を持つ親の方は・・・・・。
悪い映画だとか、つまらない映画だとか
そんな理由ではありません。
観終わった後、とてつもないやりきれなさしか残りません。

(あらすじ)
アメリカの小さな町で開業医をしているマットとその妻ルース。
彼らの元に大学生の1人息子のフランクが帰省してきた。
フランクは年上の女性ナタリーと恋に落ちる。
ナタリーは2児の子持ちであり、暴力的な夫のリチャードとは
現在別居中。リチャードは離婚に応じる気はない。
ある日、フランクはナタリーの家でリチャードと口論に。
そしてフランクはリチャードに銃殺されてしまう。
マットとルースは突然の事に動揺を隠せない・・・・・。


例え、この作品とは違ったラストであったとしても、
死んだ息子が帰ってくる事はありません。
だから、やりきれなさしか残りません。

どんな子供でも親より先に死んだらいけません!!!
悲しい事件がなくなるよう祈るほかはありません・・・。


posted by マミイ at 22:51| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはやりきれない映画でしたよ。

重いって感じもないんですが、絶望感みたいなのがスゴイ。

心理サスペンスとしては一級品の傑作ですね。

役者の演技に尽きますよ。心理描写の素晴しさに舌を巻きました。引き込まれましたねー。

復讐によって心に安らぎがもたらされるのか。

あの夫は罪の意識から一生逃れられずに生きるんでしょうね。それは息子を亡くすより辛いことかもしれません。本当にこれは哀しい物語ですね。

傑作だと思いますが、もう二度と観たくない映画の一本です。TBしますねー。
Posted by shit_head at 2007年02月25日 20:29
観終わった後、ドッと疲れました。
役者さんがすごかったから余計に入りこんじゃったんでしょうね。

親の立場で観ると、本当に心苦しいです。
救われません。
っていうか、何やっても救われる事はないと思います。


TB、いつもありがとうございま〜す。
またこちらからもヨロシクお願いします。
Posted by マミイ at 2007年02月26日 00:38
遡ってコメントをつけに…。
凄いですな。ア行からのまとめが。
私もだいたい観てますが、全部とはいかないので目を瞑ってとめてみましたw

考えさせられる話でしたねー。
文学っぽい話の流れにひきこまれてしまい
ましたですョ。
何を失って何が手に入ったのか。
何かを成し得た様できっと何もなかったかの様なそういう空虚感が胸にとまった一本でした。

そうだね。マミィさんの言うとおり、
どんな子供でも親より先に、だね。
納得。
Posted by 麦。 at 2008年02月12日 08:37
麦。さん、
古い記事にもコメントありがとうございま〜す♪
嬉しいです!

このブログたちあげたのが去年の1月なのです。
まだ1年ちょいしか経ってないのに
アホの子のように映画三昧してます。
家事は・・・・・ほっとんどしてません!(爆)


で、肝心の内容は・・・・
ホントに考えさせられる話でした。
でも、自分に置き換えてなんて・・・絶対にできないです。
もう一度観ろって言われても
これだけはイヤですね。
Posted by マミイ at 2008年02月12日 11:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

豊かな人間ドラマと心理劇に脱帽! 「イン・ザ・ベッドルーム」
Excerpt:  自身も俳優として活躍するトッド・フィールドが初監督作にして類まれな才幹を示した「最高のアメリカ映画」。2001年度アカデミー賞で作品・主演男優・主演女優・助演女優・脚色の主要部門で候補となった心揺さ..
Weblog: 年がら年中爆走するブログ!! 
Tracked: 2007-02-25 20:31

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。