2007年02月22日

芸術家は情熱的


フリーダ 原題:FRIDA
製作2002年 アメリカ 監督:ジュリー・テイモア
原作:ヘイデン・エレーラ
脚本:クランシー・シーガル、ダイアン・レイク、
グレゴリー・ナヴァ、アンナ・トーマス
出演:サルマ・ハエック、アルフレッド・モリナ


フリーダ・カーロという実在の女性画家の
人生を描いた物語です。
フリーダの絵の事もメキシコという国の歴史の事も
共産主義のことも何にも知らない私でしたが
十分ひきこまれて観ました。

(あらすじ)
フリーダは高校生の時、交通事故にあい瀕死の重症を負った。
闘病中に絵を描くことに目覚め、その後痛みに苦しみながらも
奇跡的に回復する。
有名な壁画家ディエゴ・リベラと出会い、意気投合。
同志であり、画家仲間であり、親友である2人は
ほどなく恋に落ち結婚するが、ディエゴの浮気癖に
フリーダは悩まされる・・・・・。


フリーダはすごく、強い女性だと思います。
肉体的にも精神的にもとてつもない痛みを感じる
人生であっただろうに、彼女は
『人間は意外と痛みに耐えられるものだ。』と言います。
そういう強さが絵にこめられているのでしょうか・・・・・
映画の途中に出てくる彼女の絵からは強いパワーを感じました。

フリーダを演じたサルマ・ハエックはフリーダそっくりでした。
(観た後でウィキペディアで調べました・・・)
彼女は製作にも関わっており、この作品に
すごく力をいれてたんでしょうね。

芸術家が出てくる映画だけにすごくキレイな色彩に
うっとりしました。
最初と最後に出てくる青の家、本当のフリーダの家で
今はフリーダ美術館になってるそうです。


posted by マミイ at 00:14| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。