2007年02月21日

大いなる母の愛


ローサのぬくもり 原題:SOLAS
製作1999年 スペイン 監督:ベニト・サンブラノ
脚本:ベニト・サンブラノ
出演:マリア・ガリアナ、カルロス・アルヴァレス=ノヴォア


私はわりとスペイン映画好きです。
『オール・アバウト・マイ・マザー』とか。
これもスペイン映画だからという理由だけで観ました。
・・・・・・・いい映画でした(笑)

母に対する面と向かっていえない感謝の気持ち・・・
こういうのってスペインだけでなく、全世界共通なのかな。

(あらすじ)
暴力的な父の元を離れ都会で暮らしているマリアは35歳。
仕事はうまくいかないし、つきあう男もろくでなし。
そんなある日、父が病気でマリアの住む街の病院に入院、
付き添いの母ローサがマリアの部屋に泊まる事になる・・・。


ローサは何も言わないのです。
暴力的な夫に対しても娘マリアに対しても。
それがマリアには不満なのでしょうね。

マリアは家族を嫌っています。
「母のようになりたくない」と思っていても、結局、
母のようにろくでなしの男とつきあってしまう。
大嫌いな父なのに、自分の中に父と似ている自分を見つけて
自己嫌悪になってしまったり・・・。
家族って複雑ですよね。
親のイヤだイヤだと思っている部分ほど
自分の中にその部分を見つけてしまう・・・。

あげく、そのろくでなしの子供を身ごもってしまうのですが、
男は「堕ろせ」と冷たく言い放つだけ・・・。
中絶するかどうか悩んでいるマリア。
なのに、タバコをプカプカ、お酒をガバガバ飲むのは
お国柄の違いなんでしょうか?

ローサは何も言いませんでしたが、ローサが出て行ってから
彼女の面影、ぬくもりが部屋の中にいくつも残っていました。
その部分の描写がとてもよかったです。
黙っていても存在感のある人間・・・・・
そんな風に私もなりたいです。


posted by マミイ at 14:18| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。