2007年02月16日

音楽と光と影


第三の男 原題:THE THIRD MAN
製作1949年 イギリス 監督:キャロル・リード
原作:グレアム・グリーン
脚本:グレアム・グリーン
出演:ジョセフ・コットン、オーソン・ウェルズ
アリダ・ヴァリ


このアントン・カラスのツィター音楽も超有名です。
モノクロ映画ですが、光と影の使い方が秀逸!
壁に映し出される第三の男の影!
ドキドキのテンポのよいサスペンスでした。

(あらすじ)
舞台は第二次大戦後、4カ国によって統治されているウイーン。
米国人ホリーは親友ハリーを頼ってやってくるが、
彼が事故死したことを知らされる。
謎多き死を解明しようと探りをいれるホリー。
浮かび上がってきた第三の男の正体とは・・・!?


この頃のウイーンは米・英・仏・ソによって統治され
ドイツ語を多くの人が使っていたらしく、
ドイツ語でしゃべる人がたくさん出てきます。
でも、字幕はでないので主人公ホリーと同じように
「何しゃべってるんだ?」状態でした。

あと、主人公のホリー!
迂闊すぎる!!オマヌケなんです!!!
いかにも怪しい人物に調べたことをしゃべっちゃったり・・・。
きちんと調べてたらもっと早く解決してたんじゃなかろうかと
思ってしまいました。



ちなみに、非常にどうでもいい話ですが、
監督のキャロル・リードという名前、
どこかで聞いたことがあると思ったら・・・・・・・
漫画の『王家の紋章』の主人公の女の子の名前でした。
「あ〜、私、エジプトに来てしまったのね〜。」って・・・。
映画と全然関係ない話ですみませんm(_ _)m


posted by マミイ at 21:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。