2007年02月08日

設定がわかりにくかった・・・

犯罪の系譜 原題:GENEALOGIES D' UN CRIME
製作1996年 フランス 監督:ラウル・ルイス
脚本:パスカル・ボニツェール、ラウル・ルイス
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ミシェル・ピコリ


フランスでは有名な監督さんらしいです。
100本近く映画を撮っているけど、日本で公開されたのは
わずか3本しかないそうな。

『クリムト』という画家の映画も作ってるのですが、
また機会があれば、そっちも観てみたいな〜。

(あらすじ)
叔母殺しで逮捕された青年ルネの弁護をする事になったのは
事故で息子を亡くしたばかりのソランジュ。
被害者の残した日記を読み、事件の真相を探るうちに
ソランジュは息子の面影をルネに重ねていくのであった・・・。


日記を基に淡々とストーリーが進んでいきますが、
登場人物の設定が私にはイマイチ理解しきれなかったので
あまり入りこめませんでした。

カトリーヌ・ドヌーヴ、きれいでした。
弁護士と被害者である精神分析医の2役をこなしているのですが
どちらも似合ってました。


posted by マミイ at 23:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。