2007年01月29日

不思議だ・・・

シュヴァンクマイエルの不思議な世界
原題:THE WONDERLAND OF JAN SVANKMAJER
製作1967年〜1989年 チェコスロバキア
監督:ヤン・シュヴァンクマイエル


人形アニメーション作家ヤン・シュヴァンクマイエルの
7つの小作品を集めたもの。
1作品7分〜15分と短いけれど見ごたえは十分!
・・・っていうか、意味不明でした(笑)

「自然の歴史(博物史)」
貝や昆虫などがフォックストロットやワルツなどの
音楽にあわせて次から次へと出てくる。
最初夜中に暗いところで観てたんだけど、
あまりの画面転換の早さに目がチカチカして挫折しました。
ちなみに、これは3歳の長男に大ウケの作品でした。

「部屋」
ある男が不思議な部屋にいれられて・・・。
不条理極まりない。
オトコが不運すぎておもしろい。

「地下室の怪」
女の子が地下室にジャガイモを取りに行くんだけど・・・。
画面が暗く〜てちょっとわかりにくい。
怪しい雰囲気たっぷり。

「陥し穴と振り子」
ものすごい装置にしばられている。
気がつくと大きなギロチンが迫ってくる・・・!
怖い作品。でも、ちょっとわかりにくかった。

「男のゲーム」
男がテレビの前に座ってゲームが始まる。
サッカーかと思いきや・・・。
これはおもしろかった。
はちゃめちゃっぷりがいい!
これも息子に大ウケ。

「闇・光・闇」
部屋に『手』が入ってくる。その後『目』、『耳』がやってきて
それから・・・・・。
『舌』がミョ〜にリアルなのがキモかった(笑)
でも、おもしろかった!

「対話の可能性」
情熱的な会話、不毛な会話などを言葉なしで
映像のみで説明する。
私はこれが1番好きかも!


posted by マミイ at 21:38| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議系・難解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。