2007年01月25日

ダメ男なんだけど・・・


ハイ・フィデリティ 原題:HIGH FIDELITY
製作2000年 アメリカ 監督:スティーブン・フリアーズ
原作:ニック・ホーンビィ
脚本:D・V・デヴィンセンティス、スティーブ・ピンク
ジョン・キューザック、スコット・ローゼンバーグ
出演:ジョン・キューザック、ジャック・ブラック


ニック・ホーンビイ原作。
『ぼくのプレミアライフ』ではサッカーの熱狂的ファンが主人公。
『アバウト・ア・ボーイ』では親の遺産で暮らす
定職についたことがない男が主人公。
だめだめ男を描かせると天下一品!

だめだめなんだけど、憎めない・・・・・
なぁんか、許してしまうんだな〜。

(あらすじ)
小さな中古レコード店を営むロブ。
同棲相手のローラが出て行った。
ロブは自分の失恋の原因を探るために、
過去の恋愛を分析しだす・・・。


自分の趣味に没頭してばかりで、しかも浮気性なロブ。
オンナ視点から観るとイラッとするところもあるんだけど
それでも、なぜか、ひかれてしまうのはなぜ?

男性は共感して観れるのかな?
ジョン・キューザックはこの原作に惚れこんで
映画化を希望したんだそうな。

ジャック・ブラックも相変わらずキャラがこゆ〜い!
でもでも、やっぱり、憎めないんだな〜。
だめだめ男、万歳!


posted by マミイ at 09:23| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | ラブ・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日はコメントありがとうございました!

これは大好きな一本ですよ。あの中古レコード店は、いい職場ですよね。理想的ですよ。あれで映画関係のお店だったら、なおいいですけど。(笑)

ジャック・ブラックの半ケツだしがここでも炸裂しましたね。「オレンジ・カウンティ」でもケツ出して、そのまま崖から転げ落ちてました。(爆)彼ほどイケてる演技をする人を僕は知らないですよ。ジャックはやることなすこと全部イケてますね。

ダメ男としてはこの映画は、100%共感できますね。僕も趣味だけに生きてる感じなので。個人的には、自分がのめりこめる事以外は別にどうでもいいんですね。(笑)

この映画のレコード店の店員はみんなクールですね。ロブも含めて。サイコーのダメ男たちですよ。

そうですね。ダメ男、バンザイ!!

ありがとうございます!
Posted by shit_head at 2007年01月28日 18:54
こちらこそ、ステキなCDを紹介していただいて
ありがとうございました(笑)

オレンジ・カウンティはまだ観た事がないのですが、
shit_headさんのジャック関連の記事を読んで
これから観たい映画リストのトップ5に急上昇しました。

もし、FOO FIGHTERSのLOWっていう曲のPV見たことがなければ
ぜひ、ゼヒ!みてください。
もちろんジャックのお尻も出てます(笑)
ジャックとデイブのはしゃぎっぷりがとってもステキですよ。


この映画、やはり男性は共感しやすいのですね。
私は、最低限仕事をきちんとするという条件付ですが、
オトコは趣味に生きてほしいと思ってます。
だからイラッとしつつも許しちゃうのかも・・・。
ダメ男ばんざ〜〜〜い!
Posted by マミイ at 2007年01月28日 22:41
ダメ男ばんざい!!

ジョン・キューザックって、『マルコビッチの穴』でもダメ男なんだよね。
だけども、あのつぶらな瞳を見ると・・・そんなにダメ男に感じないのがニクイね〜。

この映画でも、ジャックの魅力がスパイスになってるんだ〜。
まだまだジャック・ブラック祭り開催中!!

この映画を観て、私もトップ5したくなった!
Posted by sachi-e at 2007年04月14日 21:25
ジョンは割と好きなのだよ・・・。
『セイ・エニシング』とか『セレンディピティ』などの
恋愛モノもよいのだ♪

お姉ちゃんの名前が「ジョーン・キューザック」なのを
どうにかしてほしい・・・・・無理だけど。
ジョンが出ると思ってエンドロールまで
行ってから気づいた映画もアリ。
↑こんなにボケてるのは私だけだろうが。

ジャックはたくさん祭ってね〜。
フー・ファイターズのPVもぜひともチェックスしてね。

密かにジョン・キューザック祭りも開催したいよ〜。
Posted by マミイ at 2007年04月16日 11:30
>だめだめなんだけど、憎めない・・・・・
>なぁんか、許してしまうんだな〜。
>でもでも、やっぱり、憎めないんだな〜。
>だめだめ男、万歳!

あぁ、そういう風にこの映画を見られれば楽しかったのだと思います☆

>自分の趣味に没頭してばかりで、しかも浮気性なロブ。
>オンナ視点から観るとイラッとするところもあるんだけど
>それでも、なぜか、ひかれてしまうのはなぜ?

私は彼の彼女にはなれないし、
彼も私には見向きもしないでしょう〜(爆)

TBさせて頂きますね〜。


Posted by miri at 2011年12月11日 12:34
miriさん、観てくださってありがとうございました。

コメントを読ませていただく限り
あんまり・・・だったみたいですね^^;
リクエスト時の理由としても書いたのですが
色んな方のご意見を聞いてみたかったので
ダメというご意見もとってもありがたいです。

私もリアルの世界ではダメ男には容赦ないのですが(爆)
映画の世界では寛容になれます。
(・・・・・他人事だから!?)
ジョン・キューザックが好きな俳優だから
評価が上がってるというのもあるかもしれません。

トラックバックもありがとうございます。
これからおじゃまさせていただきま〜す。

追伸 昨日『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』に
TBを送ったのですが、失敗してしまいました。
また挑戦してみます。
感想をブログにアップしてくださって嬉しかったですよ〜。
Posted by マミイ at 2011年12月11日 20:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

2−1273 ハイ・フィデリテイ
Excerpt: 映画鑑賞の記録 2 ※マミイさん、リクエストして下さり、本当に有難うございました☆ High Fidelity (ハイ・フィデリテイ) 2000年・アメリカ ..
Weblog: 映画鑑賞の記録
Tracked: 2011-12-11 12:35

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。