2007年01月18日

やっぱりキレイ


荒馬と女 原題:THE MISFITS
製作1961年 アメリカ 監督:ジョン・ヒューストン
脚本:アーサー・ミラー
出演:クラーク・ゲイブル、マリリン・モンロー


C・ゲイブル、M・モンローの遺作となった作品。
脚本はモンローの夫だったアーサー・ミラーが担当。
M・モンローってキレイですね〜。
モノクロなんだけど、彼女が出てくると画面が
パッと華やかになるのです。

(あらすじ)
離婚ができる町リノにやってきたロズリン。
無事に離婚調停を済ませたロズリンは
中年カウボーイ・ゲイら3人の男と出会う。
ロズリンは最初はゲイの男らしさに魅かれるものの
ロデオや野生馬狩りなどの荒っぽい所業には
我慢できなくなり・・・・・。


う〜ん、ストーリーはあんまり印象に残ってないです。
M・モンローばかり観てたな〜。
時々おっきなお尻がアップになるんだけど、
それはやっぱり魅力の一つなのかな〜?


posted by マミイ at 14:47| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ラブ・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリリンモンローはきれいだよねえ^^
こんな私でも、モンローと・・・
あれ? 名前忘れた。
「ティファニーで朝食を」のあの細い人誰だっけー
ローマの休日な人ー なんてこった・・ 忘れた。

のふたりの映画は、たくさん借りてきて見て回ったことあったよ〜
キレイな女優さんには魅かれる。
日本のドラマとかでもそうだな〜 キレイな女優さんが出てないと見なかったり^^;
Posted by みどり at 2007年01月19日 08:35
オードリー・ヘップバーンもキレイだよね。

私はニコール・キッドマンが好きだわ〜。
男でも女でも魅力のある人を観るのはいいよね。
目の保養だけでなく、ココロも癒されるわ♪
Posted by マミイ at 2007年01月19日 12:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。