2013年01月21日

人生の最適軌道

HNI_0019.JPG
ヤギと男と男と壁と 原題:THE MEN WHO STARE AT GOATS
製作2009年 アメリカ 監督:グラント・ヘスロヴ
原作:ジョン・ロンスン
脚本:ピーター・ストローハン
出演:ジョージ・クルーニー、ユアン・マクレガー、
ジェフ・ブリッジス、ケビン・スペイシー


タイトルからはまったく観る気がおきなかったのですが(苦笑)
豪華キャストだったので観てみる事にしました。

(あらすじ)
妻に捨てられたしがないジャーナリストのボブは
状況を打開しようと戦争記事を書くためにイラクへと行く。
偶然知り合ったリンとともにクウェートに行こうとするが
リンは実は元米陸軍秘密部隊のエスパー兵士であり・・・・・。

最初は正直ビミョ〜だなぁと思っていたのですが、
主要キャストが芸達者なので
すぐにひきこまれて観てしまいました。

チョイ役ですが『アバター』の鬼大佐だったスティーブン・ラングが
今回も軍人役で出ていました。
あのギョロ目で睨まれると
思わず直立不動してしまいたくなります。笑
しかも、真面目に壁をすりぬけようとしてるのが・・・・・。
出てくる人みんな真面目なんだか、ふざけてるんだかわからない
うさんくさい雰囲気がおもしろかったです。

私が子供の頃はスプーン曲げとか手から金粉を出すとか
そういう人がいっぱい出てくる特番がよくあったから
その昔は超能力で世界を・・・っていうのは
あながち笑い話ではなかったような気がしました。
(しかし、本人が真面目であればあるほど笑えるという・・・。)


ひょんな事からとんでもない事件に巻き込まれる事がありますが、
出会ってしまうのは必然だったのかも。
傍から見てくだらないような事をやっていても
実は本人にとっては最適な人生を歩んでいるのかもしれません。
・・・って真面目な事を考えてる自分がどこかふざけているように感じるのが
この映画のすごいところです。笑

posted by マミイ at 21:21| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お早うございます。
これ、ゆるい作品ですよね〜(笑)
ホント真面目にやればやるほど笑えるという。笑わずに演じられる役者さんに拍手!
細かいところは忘れてしまったけど、キラキラ眼力は強烈に印象に残ってます。
Posted by 宵乃 at 2013年01月22日 07:16
宵乃さん、こんばんは。

>笑わずに演じられる役者さんに拍手!
本当ですね!
あそこまでの熱演がなければこちらも笑えなかったと思います。

>キラキラ眼力は強烈に印象に残ってます。
これは印象に残りますよね。
最初、変人にしか見えなかったジョージ・クルーニーが
だんだんかっこよく見えてきた私は
キラキラ眼力にやられていたのかもしれません。笑
Posted by マミイ at 2013年01月22日 22:25
ご無沙汰です

予告に釣られて劇場で観ました
だってユアン・マクレガーに「ジェダイ」とか言わせるところとか流されたら釣られて観ちゃいますって…
もう3年前の作品なんですね…

僕はほとんど笑えなかったのでコメディーとしては認められませんが、戦争・軍隊を批判した映画としては良かったと思っています

あのアホみたいな訓練はおかしかったけれども最終的に山羊を殺すと言う、つまりは結果的には殺戮が目的になって行く所が怖くもありましたし、そこが一番伝えたかったことなんじゃないかなと・・・

>実は本人にとっては最適な人生を歩んでいるのかもしれません。

本人が最適だと思っていることをいつの間にか戦力として使われてしまうのが戦争の恐ろしいところでは無いでしょうか

今日の僕はいつもよりもちょっと真面目な感じでは無いでしょうか?
きっとお酒を飲んでいないからかも知れません

ウチの過去記事からこちらの記事へトラックバックをしてみたいと思います
上手く行かないときはすぐに諦めます・・・

Posted by |―|/‐\|\/| at 2013年02月03日 00:41
HAMさん、おはようございます。
トラックバックもありがとうございます。
無事に届いていました。

HAMさんのコメントを読んでハッとしました。
最初っから「超能力で殺すなんてありえない」って小ばかにして
たかをくくっている自分がいたんです。
「運命のボタン」で箱のボタンを押すと誰かが死ぬっていうのはコロッと信じたくせに。

>本人が最適だと思っていることをいつの間にか戦力として使われてしまうのが
>戦争の恐ろしいところでは無いでしょうか
無自覚に感覚を麻痺させられてしまう・・・・・一種の洗脳ですね。
HAMさんに指摘されるまでまったく気づいていませんでした。
気づかせていただいてありがとうございました。
改めてこの映画の凄さがわかったような気がしました。


>今日の僕はいつもよりもちょっと真面目な感じでは無いでしょうか?
>きっとお酒を飲んでいないからかも知れません
あはは、優しい語りの中にビシッと鋭い指摘が隠されていますね。
あまりにも鋭くて朝からお酒を飲みたくなってしまいましたよ。
Posted by マミイ at 2013年02月03日 10:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/314635753

この記事へのトラックバック

ヤギと男と男と壁と / カラフル(Anime)
Excerpt: ヤギと男と男と壁と / THE MEN WHO STARE AT GOATS コメディーだと思っていたら戦争映画でした… どんな形ではあれ、戦争で人生が狂い、戦争でしか生きて行けなくな..
Weblog: 夜更けの自販機
Tracked: 2013-02-03 00:39

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。