2007年01月12日

ドキドキのスパイもの


カンパニー・マン 原題:CYPHER
製作2002年 アメリカ 監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ
脚本:ブライアン・キング
出演:ジェレミー・ノーサム、ルーシー・リュー


スパイものといってもジェームス・ボンドみたい
なのではなくて企業スパイです。
前半は謎が多くてドキドキしながら観ました。

(あらすじ)
情報化された近未来、妻にもうだつのあがらない平凡な男、
モーガン・サリバンはデジコープ社に入社。
彼はジャック・サースビーという名の企業スパイとなって
ライバル企業の講演会に侵入する。
そこで謎めいた女性と出会い・・・・・。


設定が二転三転して頭の中がゴッチャゴチャになるんですが、
私は割とこういうゴチャゴチャしたの好きです。

ルーシー・リューは美人ではないと思うけど、雰囲気が好き。
個人的には誰かに仕えてその人のために尽くすというよりは
女王様でいてほしい存在です(笑)


posted by マミイ at 16:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。