2007年01月08日

ちょっと切なくなりました


ネバーランド 原題:FINDING NEVERLAND
製作2004年 イギリス・アメリカ 監督:マーク・フォスター
原作戯曲:アラン・ニー
脚本:デビッド・マギー
出演:ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット


あの有名な『ピーター・パン』誕生にまつわるお話です。
この作品も実話を元に構成されているそうな。
劇作家ジェームズ・M・バリを演じるのはジョニー・デップ。
若いです。年齢不詳!?
彼こそ年を取らないピーター・パンですな^^

(あらすじ)
新作でこけて傷心の劇作家ジェームズ・バリが公園で
4人の兄弟とその母シルヴィア(未亡人)に出会う。
想像力豊かで少年のような心を持つジェームズは
すぐに子供達とうちとける。
シルヴィア母子と交流するうちに
新作『ピーター・パン』は完成していく・・・・。


ピーター・パンの劇が作品中に登場します。
もちろん全編じゃなくて途中だけなんだけど
やっぱりおもしろいな〜。

楽しいだけじゃなくて悲しい部分もあります。
ジェームズは幼い時に兄を亡くし、
子供達は父をシルヴィアは夫を亡くしています。
少年から大人へ変わっていくのはただカラダが成長するだけでなく
大切な人の死を乗り越えたり、大切な誰かを守りたいと思った時
突然変わっていくのだな〜と痛感しました。

子供だと思っていた1番上のお兄ちゃんが
急に頼もしくなるのだけど
その時、私の頭の中には徳永英明さんの壊れかけのラジオが
頭をグルグルまわっておりました・・・・・。

うちの子たちもいつか大人になって私のもとを
去っていくのだな〜と思うとちょっと切なくなったり・・・。
でも、3歳の長男はとっても甘えん坊で
そんな日が来るのはまだまだ先になりそうです(笑)


posted by マミイ at 23:58| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ねぇ、ジョニデはピーターパンっすぅよねぇ♪

まだコレは観てないけれど、チャーリーとチョコレート工場は観ましたよ!子役の子が両方出てるはずなので、観たい観たい…と思いつつなかなか…。
今週近所のTU○YAが100円レンタルなので、借りてみようかな。
Posted by 偽妹@楓 at 2007年01月12日 23:31
ジョニデは何でもこなしちゃいますね^^
この後無性にピーターパンが観たくなって
USJのショーを観に行こうと思ったら
冬なのでやってませんでした、涙・・・。

そうそう、フレディ・ハイモアくん出てます。
こっちが先なのに、チャーリーだ〜♪と
思いながら観てました^^
とっても健気でかわいかったです。
Posted by マミイ at 2007年01月13日 04:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。