2007年01月05日

朱に交われば・・・


es [エス]  原題:DAS EXPERIMENT
製作2001年 ドイツ 監督:オリバー・ヒルシュビーゲル
脚本:ドン・ボーリンガー、クリストフ・ダルンスタット
マリオ・ジョルダーノ
出演:モーリッツ・ブライブトロイ


この映画は1971年にアメリカのスタンフォード大学で
実際に行われた実験を元に作られたフィクションだそうだ。
作品を観終わった後にこの事実を知ったのだけど
おったまげてしまった。


(あらすじ)
一般公募で集められた人を模擬刑務所において
看守役と囚人役にわけ生活させる。
それぞれ最初は冗談交じりに軽〜くやってるのだけど
次第にその役になりきってしまい
看守は残忍に、囚人は卑屈になってしまうのだ。
そして段々とエスカレートしていき・・・という話なのだけど。


次第に暴走していく様はとてもリアルである。
戦争映画を見た後で、例えば今戦争になったとして
果たして自分は敵を殺せるだろうか?と疑問に思っていた。
でもこの映画を観ると自分もこの看守役のように残忍になり
戦争で人を殺してしまうかもしれないと思う。
朱に交われば赤くなる・・・この言葉は非常に的を得ている。


posted by マミイ at 21:31| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最初は、なんてことないのに、途中から急にヒョエェェェ〜〜〜!!って感じになりながら、観たような気がする。

フィクションだったの〜?
どんなんだったか忘れたので、また観ようかなぁと思ったけど、1人で観る勇気ないっすョ・゜・(PД`q。)・゜・
Posted by sachi-e at 2007年01月06日 09:30
半分ぐらい本当なのかな。
詳しくは「スタンフォード監獄実験」でググッて。

いつもは夜中の授乳中に映画を観るんだけど
コレは夜中に見なくてよかった〜と思った。
Posted by マミイ at 2007年01月06日 10:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。