2012年12月02日

超次元!異種格闘技戦

HNI_0019.JPG
劇場版イナズマイレブンGO VS ダンボール戦機W
製作2012年 日本 監督:宮尾佳和
原作:レベルファイブ
脚本:日野晃博
声の出演:寺崎裕香、久保田恵、下野紘


子供達がイナズマイレブン好きなので映画館に行って来ました。
私はダンボール戦機の事はほとんど知らなかったけど
(子供たちはコロコロコミックで読んでる程度)
なかなか楽しめました。

(あらすじ)
円堂守率いるイナズマレジェンドジャパンと
松風天馬率いる新生イナズマジャパンの夢の対決。
しかし、スタジアムに突然小型ロボットLBXが
無数に現れ・・・・・・。

サッカーとロボット対戦ものがどうつながるのかと思ったら
なかなかうまくつながっていたように思います。
異色のコラボとしては成功しているのではないでしょうか。
まあ、コラボする必要があったのかといえば疑問だけど。笑

最初、山野バン達がガンダムみたいにロボットに乗ってるのかと
思いましたが、バン達のLBXもちっちゃくてビックリしました。
これだったら超次元サッカーも互角に戦えるかも・・・と思いました。
それぐらい彼らのサッカーはすごいのです!!笑

戦いは悪・・・と決めつける人が今回の敵です。
もちろん、戦争や殺し合いは悪い事だけれど、
スポーツや遊びも同列で語ってもいいのでしょうか?
(まあ、遊びでもゲームには残虐なものがありますが
またそれは別の話ということで・・・。)

サッカーやLBXの戦いは失うものだけではなく、
得るものが必ずあるのです。
一人じゃなく、仲間がいることっていいなぁと思いました。

色々と笑えるシーンがありましたが、
一番笑いをかっさらっていったのは
あの「じーさん」でした。
じーさんファンだったので私は嬉しかったです。

イラストはイナズマジャパンキャプテンの天馬くんです。
なぜかめっちゃ笑顔ですが、映画では一生懸命です!!
本当はレジェンドの方が好きなのですが
序盤しか出てこないので残念です。
大人になった円堂くんたち、めっちゃイケメンなんですよね。
ちなみに鬼道くんが一番好きです。


posted by マミイ at 20:54| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。