2012年11月15日

怪盗???

HNI_0077.JPG
ベルモンドの怪盗二十面相 原題:L' INCORRIGIBLE
製作1975年 フランス 監督:フィリップ・ド・ブロカ
脚本:フィリップ・ド・ブロカ
出演:ジャン=ポール・ベルモンド、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド


20の名前と20の愛人を持った、パリの大怪盗を描いた
アクション・コメディ。・・・・というあらすじを読んで
鑑賞したのだけど、内容が全然違いました。

(あらすじ)
ビクトールは詐欺師。出所後もすぐに悪事をはたらいていた。
保護監察官のマリー=シャルロットに恋するが
彼女の父親が館長を務める美術館にエル・グレコの
祭壇画があることを知ると・・・・・。


泥棒というよりは詐欺師でした。
シルクハットにマントといういでたちは
オペラを聴きに行く正装なのでした。
・・・そりゃ、あんな格好で盗みに入る泥棒は
いませんよね(^^;

確かに色々と変装してましたが、
すぐばれそうになるのもご愛嬌。
でも、弁が立つというか、周りの人が
すぐに騙されちゃうのでそれがおかしかったです。
(ホント、フランスの警察っておまぬけなイメージです。
「TAXi」シリーズとか・・・・・。)

ベルモンドはオトコマエではないのですが、
なんともいえない魅力があると思います。
女がほっとかないのはわかる気がします。
案外二の腕がたくましくって、胸板があついんですね。
ちょっとドキドキしてしまいました。

内容は軽くって、気軽に楽しめました。


posted by マミイ at 10:09| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。