2012年10月20日

ホラーだけど、怖くない

HNI_0085.JPG
HIDDEN ヒドゥン 原題:HIDDEN 3D
製作2010年 イタリア・カナダ 監督:アントワーヌ・トーマス
出演:ショーン・クレメント、シモネッタ・ソルダー、
ジョーダン・ヘイズ、デヴォン・ボスティック


デヴォンが出ているのでレンタル。
借りてからホラーである事を知りました(^^;
でも、愛があれば大丈夫!?
というか、全然怖くなかったです。
(注:一部ファンに人気の1987年製作
カイル・マクラクラン主演の『ヒドゥン』とは
全く別のお話です。)

(あらすじ)
ブライアンは母の経営していた依存症治療センターを相続する。
取り壊すかどうかを決めるために友人たちと
山奥の施設にやってきたブライアンは
地下室の秘密の入り口を見つけ・・・・・。


あちこちのサイトで患者をミュータント(の子供)に
変貌させると書いてありましたが、
患者の依存性を固体に変化させて
除去してしまうという説明でした。
なかなかおもしろい設定だと思うのですが、
なぜかそれを子供にしてしまったので意味不明、
トーンダウンしてしまって残念でした。
子供がたくさんいればもっと怖かったかもしれませんが・・・。

元修道院とか、怪しげな手術道具とか
コワイ雰囲気をかもしだそうとしてるのですが、
流血もエロもなく、子供たちも大して怖くないので
ホラー映画が観たい人にはオススメできないです(^^;

我が愛しの♪デヴォン君はオープニングで
最後に名前が出たので、ちょっとだけ期待したのですが
結局やられちゃう人でした。(涙)
暗い中でドキドキする若いカップルの気持ちは
わからないでもないですが(笑)
見知らぬ地下室でいちゃつくと罰が当たりますよ!!

虫の使い方もちょっと中途半端でした。
寄生バエとホタルは同じ虫なのでしょうか?
時々「G」に見えないこともなかったです(^^;
イラストではあえてお尻を光らせてみました。

そういえばこの映画、原題では3Dとなっているんです。
もちろん2Dで観たのですが、そんなに飛び出てる感はなかったです。
(『センター・オブ・ジ・アース』なんかは観てる途中で
あ、ここ飛び出てるんだろうなとは思いましたが。)


posted by マミイ at 22:53| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー・パニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。