2012年09月24日

目は口ほどに

HNI_0084.JPG
嘆きのテレーズ 原題:THERESE RAQUIN
製作1952年 フランス 監督:マルセル・カルネ
原作:エミール・ゾラ
脚本:マルセル・カルネ、シャルル・スパーク
出演:シモーヌ・シニョレ

女優さんたちの目、言葉少ななんだけど
語りかけてくるような瞳に釘づけになりました。


(あらすじ)
テレーズは親代わりの叔母の息子カミーユと結婚したが
その夫婦生活は満足できるものではなかった。
ある日ローランと出会い、道ならぬ恋に落ちるが
恩義を感じているテレーズは夫と姑を捨てられず・・・。


自分から幸せになる道を閉ざしているような
硬い表情のテレーズが印象的でした。
時代のせいか、育てられ方のせいか、
不器用な生き方しかできないテレーズ、
もっと違う生き方を選ぶことができていれば
彼女の美しい笑顔を見る事ができたかも
・・・・・と思うと哀しかったです。

姑は最初は嫌になるくらい口うるさかったのですが
(私なら我慢できませんね。笑)
終盤の目で訴える演技・・・・・圧倒されました。
「すべてお見通しよ!」って目が語ってくるんです。
しゃべるよりも怖かったです(^^;





posted by マミイ at 21:31| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(2) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先ほどは有難うございました☆

>女優さんたちの目、言葉少ななんだけど
>語りかけてくるような瞳に釘づけになりました。

イラスト素晴らしいですね!
上達が早いのでは???
そういう感じの目でしたね〜。
ハイ、怖かったです。

シモ―ヌ・シニョレは他の映画でも
笑ったとこを見た事ないように思います。
存在感はすっごくあると思います。

>もっと違う生き方を選ぶことができていれば
>彼女の美しい笑顔を見る事ができたかも
>・・・・・と思うと哀しかったです。

現代人から見ると不可解なことも多いですが、ゾラの書くモノはこういう女性が多いですね〜(涙)。
Posted by miri at 2012年09月24日 22:53
miriさん、おはようございます。

>イラスト素晴らしいですね!
>上達が早いのでは???
わ〜い、ありがとうございます。嬉しいです♪
女優さんお二人とも目がすごかったですね〜。

>シモ―ヌ・シニョレは他の映画でも
>笑ったとこを見た事ないように思います。
>存在感はすっごくあると思います。
そうなんですか。
本当に存在感のある方で、画面に映った瞬間
釘づけになってしまう魅力がありますね。
彼女の他の作品を観てみたいです。

>現代人から見ると不可解なことも多いですが、
>ゾラの書くモノはこういう女性が多いですね〜(涙)。
ゾラは読んだことがないのですが、
こういう女性が多いのですか・・・・
連続するとキツイですが、
ゾラ原作の作品もいつか観てみたいです。
Posted by マミイ at 2012年09月25日 06:30
コメントありがとうございました。

 「肉体の冠」「輪舞」「悪魔のような女」なども、彼女の個性を充分に発揮していたと思います。

 シモーヌ・シニョレは、どちらかというと。こういう暗〜いような役柄が、最も似合うような気がします。
Posted by アスカパパ at 2012年09月25日 14:12
アスカパパさん、こんばんは。

「悪魔のような女」は観たことがありますが
他2作品は未見です。
教えてくださってありがとうございました。


>シモーヌ・シニョレは、どちらかというと。こういう暗〜いような役柄が、
>最も似合うような気がします。
「悪魔のような女」もサスペンスタッチでしたね。
流血はなかったけど、雰囲気にゾ〜っとしたのを覚えています。
Posted by マミイ at 2012年09月25日 20:54
>自分から幸せになる道を閉ざしているような

ですよね〜。お店に立ってる時もあんな表情してたら、商売あがったりです(笑)
私的には、終盤にちょこっと水兵さんいい人!って思ったくらいで、みんなどうなろうと自業自得だなぁと思って観ていたので、ラストは痛快でした!
にしても、水兵さんは運が悪すぎです…。

イラストの怖いふたりの眼が素晴らしいですね!
二人の間に火花が散ってるのが見えそう。
わたしはあの義母の眼光に惚れました(笑)
Posted by 宵乃 at 2012年10月06日 16:52
宵乃さん、こんばんは。

>お店に立ってる時もあんな表情してたら、商売あがったりです(笑)
確かに!
愛想笑いさえしてなさそうですよね(^^;

>にしても、水兵さんは運が悪すぎです…。
衝撃のラストにビックリでした。
まさかああなるとは・・・・。

>わたしはあの義母の眼光に惚れました(笑)
えぇ〜〜〜!(驚愕)
宵乃さん、お強い!すごいです!!
私は今もあの眼を思い出しただけでブルブル・・・(>_<)
あ、別に後ろめたい事はしてないですよ。笑
Posted by マミイ at 2012年10月06日 18:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

嘆きのテレーズ
Excerpt:  微動だに表情を変えぬシモーヌ・シニョレは一見地味なようでそうではない。返って個性を引き立たせている。その身辺から発散する不気味さは秀逸だ。リヨンに住む生地店の主婦テレーズを演ずる彼女は、鉄道員の夫カ..
Weblog: アスカ・スタジオ
Tracked: 2012-09-25 14:16

映画「嘆きのテレーズ」観ました
Excerpt: 原題:THERESE RAQUIN 製作:フランス’52 監督:マルセル・カルネ 原作:エミール・ゾラ ジャンル:★ドラマ/サスペンスリヨンの裏町。両親を亡くしラカン夫人に引き取られ、そ..
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2012-10-06 16:29

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。