2012年09月22日

真ん中はつらいよ

HNI_0083.JPG
グレッグのおきて 原題:DIARY OF A WIMPY KID: RODRICK RULES
製作2011年 アメリカ 監督:デビッド・バワーズ
原作:ジェフ・キニー
脚本:ゲイブ・サックス、ジェフ・ジュダー
出演:ザカリー・ゴードン、デヴォン・ボスティック、
ロバート・キャプロン、ペイトン・リスト


『グレッグのダメ日記』の続編です。
前作を観なくても大丈夫ですが、
キャラの説明はほとんどないので
前作を観たほうがわかりやすいかもしれません。
原題でデヴォン演じるロドリックが出ているとおり
デヴォンの出番が前作より増えていて
私的には大満足でした。

(あらすじ)
7年生(中1)になったグレッグは転校生の
ホリーに恋をするが、昨年と同じく
やる事なすこと裏目に出てばかり。
ママから意地悪な兄ロドリックと仲良くするように
言われるが・・・・・・。


前作より一つ大人になったグレッグ君、
意地の悪さもマイルドになったかな
・・・・・と思ったらチラグに対するいじめは
やっぱり、かなりのものでした(^^;

ペイトン・リスト演じるホリーちゃんはかわいかったけど、
前作に出ていたクロエ・グレース・モレッツの方が美人かなぁ。
なぜ、彼女に恋しなかったんだ!笑

デヴォンはやっぱしかっこいいです!
キホン意地悪なんですけど、それでもいいです!!
女にモテない設定が似合わないったらありゃしない。笑
今回はとっても色んな表情が見れてすごくよかったです。
ますますファンになりました♪

おもしろさは今回の方が上だと思いました。
前作のグレッグ君はかなりのダメ人間で
思わずいらついてしまいましたが
今回はダメさは相変わらずなものの
笑えるダメさになっていました。
(・・・単に慣れただけかも!?)


私は二人姉妹の妹なんですが、我が子を見ても
三兄弟って大変だなぁと思います。
特にグレッグみたいな真ん中の子は
板ばさみだから貧乏くじとまではいかなくても
色々と大変みたいですね。
私も昨日次男に必要以上に厳しく怒ってしまい
反省して今朝謝りました。
うちの子供たちはおとなしい方なんですが
最近は暴力的!?お互いに叩いたり蹴ったり
してるみたいです。
男の子だから仕方がないんですかね。
でも、なんだかんだ言っても仲いいです。
三者三様、個性が違うところが
傍から見てておもしろいです。

グレッグのママみたいになりたくないなぁ(^^;
と思いつつも、私もあんな感じになりそうです。
変なことしても、Youtubeには投稿しないでね!笑




posted by マミイ at 10:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。