2012年09月21日

ヒトは罪を犯す生き物

HNI_0077.JPG
七つの大罪 原題:LES SEPT PECHES CAPITAUX
製作1952年 フランス
監督:エドゥアルド・デ・フィリッポ、ジャン・ドレヴィル、
イヴ・アレグレ、ロベルト・ロッセリーニ、
カルロ=リム、クロード・オータン=ララ、
ジョルジュ・ラコンブ
出演:ジェラール・フィリップ

七つの大罪をテーマにジェラール・フィリップを
進行役としたオムニバス映画です。
今日も練習中の絵を・・・・・。
一応ジェラール様のつもりです(^^;

貪欲と憤怒、怠惰、淫欲、嫉妬、美食、高慢、
そして第八の大罪についてそれぞれエピソードがあります。

大罪っていうほど大きな罪をおかしてるヒトは
この映画ではいないような気がします。
罪なのに美食って訳していいのかな、と思ったのですが
お話的には美食であっていると思いました。
(このエピソードもおもしろかったです。)

人間って大なり小なり罪を犯す生き物なんですよね。
だからといって、ひらきなおっているわけではなく
罪をおかしてはいるけれど、どことなく憎めなかったり
勘違いがおもしろかったりでクスリと笑えました。

笑える勘違いならいいけれど、
本作で示された第八の大罪を思うと
偏見や思い込みで誰かにひどい事をしてないかな、と
ちょっと自分を省みました。
どのお話も第八の大罪につながる部分があると思います。
考えさせられるし、いい終わり方だったと思います。


七つの大罪って言うと、今ではブラッド・ピットの
『セブン』の方が有名かもしれません。
でもエスプリっていうんですかね、
こちらはフランス的ユーモアにあふれた映画でした。




posted by マミイ at 17:21| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先ほどは有難うございました☆

>今日も練習中の絵を・・・・・。
>一応ジェラール様のつもりです(^^;

すごい!凄い!!!
マミイさんって何でも出来るんですね〜☆

>罪なのに美食って訳していいのかな、と思ったのですが
>お話的には美食であっていると思いました。

これは上映のときとか、ソフトにするときに、それぞれの字幕があって、同じ映画なのに、全然違う訳し方をしているタイトルを見てビックリした事があります!
http://blog.goo.ne.jp/esuapn8u6f/e/42931210f84d568087348dddde044809(アスカパパさんの記事です、無断掲載、笑)

>本作で示された第八の大罪を思うと
>偏見や思い込みで誰かにひどい事をしてないかな、と

毎日しています・・・反省しなくては・・・。

>七つの大罪って言うと、今ではブラッド・ピットの
>『セブン』の方が有名かもしれません。

私は未見なんです、見ない方が良いと言われていて、見るつもはありませんが、内容は知っています。

>でもエスプリっていうんですかね、
>こちらはフランス的ユーモアにあふれた映画でした。

誰にでも(老若男女)安心してお薦めできるような作品でしたね〜♪
Posted by miri at 2012年09月21日 21:35
miriさん、おはようございます。
こちらこそ、ありがとうございました。

>すごい!凄い!!!
>マミイさんって何でも出来るんですね〜☆
下手の横好きを恥ずかしげもなく公開しています(^^;

>同じ映画なのに、全然違う訳し方をしているタイトルを見て
>ビックリした事があります!
同じものなのに表現方法が変わると印象が変わりますよね。
アスカパパさんのところに後ほどお邪魔させていただこうと思います。
記事を教えてくださってありがとうございました!


>私は未見なんです、見ない方が良いと言われていて、
私も見なくていいと思います。
あちらは人がたくさん死ぬし
ラストもやりきれなくなりますから・・・(>_<)

>誰にでも(老若男女)安心してお薦めできるような作品でしたね〜♪
7話あるから全体的には長いですけど、
一つ一つのお話のボリュームはちょうどいいから
自分で好きに観れるDVD向けの作品かもしれませんね♪
(私は何日かにわけて観ました。)
Posted by マミイ at 2012年09月22日 08:32
今日のイラストはモノクロで雰囲気でてますね〜。翳りのある感じが好きです!
この作品は印象的で「怠惰」や「美食」、「高慢」あたりはよく覚えてます。説教臭さがなくて、でも考えさせられる作品ですよね。
「セブン」はショッキングなシーンばかり記憶に残ってて、七つの大罪を扱った作品だと忘れてました(笑)
好きな作品です。
Posted by 宵乃 at 2012年09月22日 09:30
宵乃さん、こんにちは。

>今日のイラストはモノクロで雰囲気でてますね〜。
ありがとうございます!
モノクロ映画の雰囲気を出すために
グレーの画用紙に黒と白の鉛筆のみを使用してみました。

>説教臭さがなくて、でも考えさせられる作品ですよね。
アハハと笑いつつも待てよ・・・と自分を省みて
自然と教訓を得られる映画でしたね。

>「セブン」はショッキングなシーンばかり記憶に残ってて
犯人よりも死んだ人の方が印象に残ってます(^^;
最初に観たときはすごく憤ったのですが
再見したら印象がガラッと変わって
ブラピの若さを受け入れることができました。
Posted by マミイ at 2012年09月22日 10:41
マミイさん、こんにちは。
 トラックバックを頂戴していましたのに、今朝(9/23)気付きました。遅ればせながら、ありがとうございました。

 この映画の内容は殆ど忘れていますのに、第八の大罪だけは少し覚えています。その理由はお解りでしょうが、当時の若い男性として当然だったと、今は懐かしい思い出です。
 何れにしても若い頃に観た映画の印象は一生消えないようです。第八の大罪以外の内容は、極めて地味だったと思った印象だけはあります。
 その後、再見した時の感想も、細部は忘れていますが、如何にもフランス映画らしい雰囲気には満足しました。
 後味が悪かった、あの「セブン」に比べると、大違いですね。

追伸:
 リンクありがとうございました。
 なお、八十路STUDIOに加入した時に、アスカパパという名が使われて居たので、やむなくascapapaとしているだけですので、アスカパパと仰って下さって結構です。
 アスカ・スタジオでのレビューは、八十路STUDIOのカテゴリから見られるようになっていますので、よろしくお願いします。
Posted by アスカパパ at 2012年09月23日 09:56
アスカパパさん、こんにちは。
こちらこそトラックバックとリンクをありがとうございました。

>何れにしても若い頃に観た映画の印象は一生消えないようです。
細部は覚えていなくても、印象というのは残るのですね。
アスカパパさんやmiriさんはきちんと記録していて
すごいな〜と思います。
私はそんなに若くはないですが(^^;
それでもアスカパパさんくらいの年齢になった時に
自分のブログを振り返って
色々と思い出すことができればいいなぁと思います。

>第八の大罪以外の内容は、極めて地味だったと思った印象だけはあります。
七つの大罪は第八につながる布石のように感じました。

>如何にもフランス映画らしい雰囲気には満足しました。
何ともいえない雰囲気のある映画でした。
皮肉もありますが、裏に隠された教訓に自分で気づき
素直に受け入れることができましたし。

昔のフランス映画はmiriさんや宵乃さんとしか
お話できなかったので、アスカパパさんとも
お話できるようになって嬉しいです。
アスカパパさん、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by マミイ at 2012年09月23日 10:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

七つの大罪
Excerpt: 第1話「貪欲と憤怒」欲張り家主に家賃を督促されている店子が、思わぬきっかけから家賃以上の臨時収入を得る話。「正直者は馬鹿を見る」の定説が覆されるこの痛快さ!。 第2話「怠随」地上から天国に来る死人が..
Weblog: アスカ・スタジオ
Tracked: 2012-09-23 10:00

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。