2012年09月11日

何を考えているの?


陽のあたる場所 原題:A PLACE IN THE SUN
製作1951年 アメリカ 監督:ジョージ・スティーブンス
原作:セオドア・ドライサー
脚本:マイケル・ウィルソン、ハリー・ブラウン
出演:モンゴメリー・クリフト、エリザベス・テイラー、
シェリー・ウィンタース


主役の男性が何を考えているのか
さっぱりわからなくって、でも、
わからないからこそ気になって観てしまいました。

(あらすじ)
ジョージは貧しい生まれだったが、
叔父の経営する工場で働くチャンスを得る。
社内恋愛禁止であったが、アリスと親しくなる。
しかし、令嬢のアンジェラとも知り合い
お互いにひかれるうちに・・・・・。


う〜ん、ジョージという人物が
私にはいま一つつかみきれませんでした。

叔父一家は大富豪のイーストマン一族。
一方、自分は同じイーストマン姓であるけれども
全く違う世界に住んでいるのです。
なんのために上京してきたのか・・・・
イーストマンのはしくれとして少しでも
上に行きたい!って気持ちはあったはずなのに
禁止されてる社内恋愛をコロッとしてしまうのは
ちょっぴり疑問でした。

エリザベス・テイラーは本当にキレイです。
聡明でお嬢さんなのに気取ったところもなくって・・・
まさしく最高の女性でしょうね。
一族のパーティによばれても一人ぼっちのジョージ、
そんな時に美しいアンジェラに気さくに話しかけられたら
例えアリスという恋人がいても
アンジェラに夢中になるのは不思議ではないです。
でも、ジョージはアンジェラが夢中になるほどの
男なのでしょうか・・・・・・・
確かに取り巻きの坊ちゃん連中にはない実直さはありますが
何を考えるかホントわかんないんですよね。
まあ、そういう所がミステリアスで惹かれたのかもしれません。

アリスもまた、かわいらしい女性でした。
かわいそうでもありましたけど。
でも、彼女からは「覚悟」のようなものを感じました。
元々、ジョージとアリスの会話には
暗い未来を予兆させられていたのですが、
新聞でジョージとアンジェラの写真を見た時、
彼女は自分の行く末も含めてすべてを悟っていたと思います。

本作は1951年製作ですが、この頃は未婚の母なんて
存在すら許されない時代ではなかったのでしょうか。
誰にも頼ることはできず、一人覚悟を決める・・・・・
男性にとっては怖い存在かもしれませんね(^^;

あれが事件か、事故かそれは誰にもわかりません。
終盤は法廷のシーンもありましたが、
今、私が観ているドラマ『LAW&ORDER』と
そんなに変わっておらず驚きました。
(検視や科学捜査は格段に進歩してますけど。)


posted by マミイ at 19:36| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先ほどは有難うございました☆

マミイさんのこの記事、ものすごく公平な目で書かれていますね〜。
全員に目が行って、しかも何の先入観もなく、スーッと・・・とても読みやすいです。
色々な意味で反省させられました。

>終盤は法廷のシーンもありましたが、
>今、私が観ているドラマ『LAW&ORDER』と
>そんなに変わっておらず驚きました。

私はそのドラマは見ていませんが、同じように、現代のものでも、古い作品でも、法廷モノは人間性を暴く場所として見ている事があります。
やっぱり普遍的なものなのでしょうね・・・科学捜査がどんなに進んでも、人の心というモノは、解明できませんものね〜。
Posted by miri at 2012年09月11日 20:57
miriさん、おはようございます。

>とても読みやすいです。
ありがとうございます!
この記事は観てすぐに書けなかったので、
何度も書き直しながら書いたのですが
そう言っていただけてとても嬉しいです!

>法廷モノは人間性を暴く場所として見ている事があります。
『LAW&ORDER』は犯行現場は映さないので
誰が真犯人かは本当はわからないのです。
(時々冤罪もありますし、私自身が有罪だと思っても
無罪判決も出る見ごたえのあるドラマです。)
この映画では「人を裁くのは神だ」と言っていましたが
それでも法廷では人が人を裁かないといけないので
人が取らなければいけない選択は難しく、
それを見る人も深く考えさせられるのかもしれませんね。

>でも、人の心というモノは、解明できませんものね〜。
本当にそうですね。
真相は藪の中・・・他人様の心はわかりませんね。
自分の心ですらわからなくなる時があります(^^;
Posted by マミイ at 2012年09月12日 09:57
こんにちは!
この作品はぜんぜん覚えてないんですけど、正反対の女性ふたりをものにしちゃうジョージが、ぜんぜんモテそうに見えなかったのを覚えてます。
当然のようにアリスと恋仲になって、当然のようにアンジェラに気移りしてましたよね〜。結婚詐欺とか得意そうな気がします。

『LAW&ORDER クリミナルインテント』に最近はまってきました。有罪にするための戦略を具体的に話していて興味深いです。本当に犯人かどうかはわからないというのもリアルですよね。
ニュースを観る時は、必ず複数の可能性を考えて、自分が持った印象が真実というわけじゃないと自分に言い聞かせてます。
Posted by 宵乃 at 2012年09月12日 10:57
宵乃さん、こんにちは。

>ぜんぜんモテそうに見えなかったのを覚えてます。
そうなんですよ。
私も彼の魅力がよくわかりませんでした(^^;

>『LAW&ORDER クリミナルインテント』に最近はまってきました。
おもしろいですよね。
私は3シーズンくらいしか観てないですが、
知的なゴーレン刑事にメロメロでした。笑
(彼が『フルメタル・ジャケット』の
微笑みデブだったなんていまだに信じられません。)

コロンボみたいな犯人が先にわかっていて、徐々に追い詰めて
・・・というのもおもしろいですが、
真相がはっきりわからないというのもおもしろいですよね。

>ニュースを観る時は、必ず複数の可能性を考えて、
>自分が持った印象が真実というわけじゃないと自分に言い聞かせてます。
これはとても大事な事ですよね。
新聞やテレビ、ネットの情報がいつも正しいとは限らないって
いつも肝に銘じておかないといけないですよね。
Posted by マミイ at 2012年09月12日 17:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。