2012年07月31日

ゆるい雰囲気がおもしろい


銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫) 
著:ダグラス・アダムス
訳:安原和見


以前に映画版を観たことがあるのですが
新訳版も評判がよかったので
原作を読んでみる事にしました。

英国人の笑いのトーンってちょっと不思議ですよね。
抑えた調子なんだけど、ジワジワくるものがあります。
ナンセンス・・・って言葉は陳腐で似合わない感じ。
ゆる〜いペースで気楽に読み進めることができました。

最後に訳者の解説がありますが、
原作が大好きな気持ちがひしひしと伝わってきました。
日本人人にはわかりにくい
笑いのポイントを少しだけ説明してくれています。

映画版も再見したので過去記事に追記しました。
過去記事はコチラ


posted by マミイ at 13:23| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画原作本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。