2012年07月13日

まさにキッド!

左きゝの拳銃 原題:THE LEFT-HANDED GUN
製作1958年 アメリカ 監督:アーサー・ペン
原作:ゴア・ヴィダル
脚本:レスリー・スティーブンス
出演:ポール・ニューマン、リタ・ミラン、
ジョン・デナー


『ヤングガン』を観てから、
ビリー・ザ・キッドを題材にした映画は
気になって観てしまいます。

(あらすじ)
ウィリアムは荒野でタンストール氏に助けられ
ビリーというあだ名をもらい、
牧童の仕事を始めた。
タンストール氏が暗殺されてしまい、
復讐を誓ったビリーは・・・・・・。


やっぱり、どの映画を見ても
ビリーの性格は好きになれそうにありません。
でも、「キッド」と呼ばれるだけあって
屈託のない笑顔にクラッとしてしまいます。笑
若き日のポール・ニューマンが好演していました。

銃に銃で対抗しても、結局は禍根が残り
新たな復讐が生まれるのです。
タンストール氏がはたしてそれを望んでいたのかどうか
・・・・・結局ビリーの行為はエゴでしか
なかったような気がします。
でも、だからこそビリー・ザ・キッドなのでしょう。
子供は自分の気持ちにまっすぐで
抑制がきかないですからね。


posted by マミイ at 09:27| 大阪 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 西部劇・時代劇・歴史もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
キッド作品は多くてごっちゃになっちゃいます。これも観たはずなんですが、ぼんやりとしか思い出せなかったり。トイレの最中を狙うシーンとかありましたっけ?
復讐のためにたがが外れても、やはり個人差はありますよね。どんな卑怯な手も平気で使ってしまう人や、プライドがあって品位は保とうとする人。
ビリーは平気でやっちゃう方で、タンストールさんがあの世で嘆いていたんじゃないかと思ってしまいました。
Posted by 宵乃 at 2012年07月13日 13:02
宵乃さん、こんにちは。
お返事遅くなってしまってすみません。

>キッド作品は多くてごっちゃになっちゃいます。
ですよね!しかもビミョ〜に話が違ってたりしますし。

>トイレの最中を狙うシーンとかありましたっけ?
多分、本作にはなかったです。
トイレに行く途中で見張りの人を倒してました。
トイレに銃が隠してあった映画もありましたね。
どれだか忘れましたが(^^;

>ビリーは平気でやっちゃう方で、タンストールさんが
>あの世で嘆いていたんじゃないかと思ってしまいました。
ビリーは結局自分の為にやってるようにしか見えないです。
オコチャマなんですよね。
とはいえ、キッドの映画があるたびに観てしまう私は
何だかんだ言ってキッドの事が心底嫌いになれないです。
Posted by マミイ at 2012年07月15日 08:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。