2012年07月01日

何も言えない・・・


ジョニー・マッド・ドッグ 原題:JOHNNY MAD DOG
製作2007年 フランス・ベルギー・リベリア
監督:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール
原作:エマニュエル・ドンガラ
脚本:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール
出演:クリストフ・ミニー、
デジー・ヴィクトリア・ヴァンディ


背景が何もわかっていないので
とまどいながら最後まで観ました。

(あらすじ)
内戦が続くアフリカのリベリア。
マッド・ドッグと呼ばれる15歳の少年ジョニーは
反政府軍デス・ディーラーとして村に行き、
略奪や殺戮を繰り返していた・・・・・。


実際に少年兵だった子供たちが演じているそうです。
ジョニーは10歳から戦闘に参加していたそうです。
うちの長男とそう変わらない年で銃を持つなんて
・・・・・今の日本ではとてもじゃないですが
想像できません。
リベリアの場所もわからないですし、
1999年から2003年まで内戦が行われていた事も
恥ずかしながら全く知りませんでした。

村に行き、子供を見つけ出し
父を殺すか、自分が死ぬかの選択を迫り
自らの手で父親を殺させ、部隊にいれる・・・
彼らは自分たちが略奪を行うのは
正義の為と固く信じているのです。

ドキュメント風の作りであるため
終わり方も救いも何もあったもんじゃありません。
子供たちの今後を考えると・・・・・
何も言えませんでした。


マチュー・カソヴィッツが製作しているのですが
『アメリ』ではおとなしめの青年役だったので
こういう硬派な映画と関わりがあるとは意外でした。


posted by マミイ at 20:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。