2012年06月27日

誤解から始まる事もある


ソフィー・マルソーの三銃士 
原題:LA FILLE DE D'ARTAGNAN
製作1994年 フランス 監督:ベルトラン・タヴェルニエ
脚本:ミシェル・レヴィアン
出演:ソフィー・マルソー、フィリップ・ノワレ


ソフィー・マルソーがダルタニアンにでもなるのかと
思っていましたが、ダルタニアンの娘役でした。
原題は「ダルタニアンの娘」らしいです。

(あらすじ)
エロイーズは銃士ダルタニアンの娘であるが、
父とは別れて修道院で暮らしていた。
ある日修道院に黒人が逃げこみ賊が侵入、
院長が殺されてしまう。
エロイーズは背後に陰謀を感じとり、
父を訪ねる決意をした・・・・・。


ダルタニアンにコンスタンス、プランシェと
おなじみの名前、おなじみのエピソードの話が
出てくるので、「三銃士」のお話を知っている
人の方が楽しめると思います。

三銃士やダルタニアンはおじいちゃん的年齢なので
アクションはあるものの、派手ではないです。
ソフィー・マルソーも剣を握るものの
そんなに上手く見えません(^^;
なぜか「ポロリ」が2場面あります。サービス!?

推理が間違っているのに、なんやかんやで
陰謀が明らかとなり、大団円を迎えてしまう
というゆる〜い楽しさがありますが、
130分はちょっと長かったです。


posted by マミイ at 13:42| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 冒険・ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
幼稚園からの同級生にソフィー・マルソーファンがいて、
自分はブルック・シールズ(またはフィービー・ケイツ)だったのを
ふと思い出しました。
その後を見る限りでは
ソフィーが一番だったかなぁ〜と思います。

恥ずかしながら三銃士は
(アラミスが女でコンスタンスが少女という)
アニメ三銃士しかまともに見ておりませんが
この映画、すごく観たくなりました。
BSでやってくれないかしら。
Posted by どらお at 2012年07月02日 18:46
どらおさん、こんにちは。

>その後を見る限りでは
>ソフィーが一番だったかなぁ〜と思います。
昔はソフィー・マルソーより
ブルック・シールズの方が人気があったように思います。
今ではソフィー・マルソーの姿しか
パッと思い浮かんできません(>_<)

>アニメ三銃士しかまともに見ておりませんが
のりピーが主題歌歌ってたヤツですよね。
チャーリー・シーンやキーファー・サザーランドが
出演してる実写版の三銃士も好きですが、
このアニメのアラミス様が一番好きですね。
女でもいいです!笑

本作はレンタルするほどの内容ではないので(^^;
BSでやってくれるといいですね。
Posted by マミイ at 2012年07月03日 10:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。