2012年04月20日

地球は人間だけのものではない


オーシャンズ 原題:OCEANS
製作2009年 フランス 
監督:ジャック・ペラン、ジャック・クルーゾ


『WATARIDORI』で大空の世界を撮影した製作陣が
今度は舞台を海の中にうつしたドキュメンタリーです。

知っているようで知らない海の生き物たちを
たくさん観る事ができて楽しかったです。
楽しいだけでなく、たくさん生まれて食べられてしまう
自然界の残酷さもしっかりと描写してありました。

人が動物を傷つけているシーンがありますが、
そこはロボットを使っているそうです。
それは少し残念でした。
前作の鳥たちは多少の調教(卵から返して飛行機や
人間に慣れさせたそうです)はしていたものの
「本物」の映像だったからこそ、色々と
考えさせられたのです。
なんだかロボットを使ったことによって
製作者の意図が入ってしまったように感じました。


シャチが食べるために生き物を殺すのは良くって
人間が食べるために生き物を殺すのはダメなんですかね。
まあ、シャチは絶滅するまでは殺さないから
人間は自然の掟からははずれてるのかなぁ・・・。


posted by マミイ at 23:17| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。