2012年04月07日

実際には見ていないけれど・・・


月のひつじ 原題:THE DISH
製作2000年 オーストラリア 監督:ロブ・シッチ
脚本:サント・シラウロ、トム・グレイスナー、
ジェーン・ケネディ、ロブ・シッチ
出演:サム・ニール


邦題を聞いてもDVDのジャケ写を見ても
どんな話か想像できなかったですが
期待しなかったからか、なかなかおもしろかったです。
実際のお話を元に作られているそうです。
あ、ひつじはほとんど出てこないので、
動物好きの方はご注意を!!!

(あらすじ)
1969年7月、アポロ11号が月に降り立つ瞬間に
月は南半球にあるためにNASAに電波が届かない。
オーストラリアのパークスという田舎町にある
パラボラアンテナで信号を受信、
中継する事になったが・・・・・・。


最初にサム・ニールがすごい老けメイクで出てきたので
とっても驚きました。
一瞬こんなに老けたかと真面目に驚いてしまいました。

パークス天文台というのは1961年に開設されたそうです。
パラボラアンテナって原題が示す通り
まさに「THE DISH」=「お皿」みたいですよね。
人口よりも羊が多いという町らしく
周りに大きさを比較対照するような建物がないのですが
とっても大きいんだと思います。
(口径64mだそうです。)
アンテナの上でコーヒー飲んでるのが
すごくうらやましかったです。

最初はほのぼの見ていたのですが、
途中で色んなトラブルにみまわれて
団結が深まっていくお決まりのパターン・・・
でも、見ている私も一緒になってハラハラして
勝手に絆を深められたような気がしました。笑

リアルタイムで月面着陸を見ていない世代ですが、
その場にいて、みんなで一緒に着陸を見ているような
気分になれました。
やっぱり、宇宙ってワクワクしますよね!


posted by マミイ at 01:21| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはかなり前に観たんですが、結構印象に残ってます。お皿の愛称で呼ばれているのがホントに納得で、これを観てからパラボラアンテナを目にするたび思いだしてました。
天気のいい日に、あそこでピクニックしたい!(笑)
あの時代の熱気を感じる後半もよかったですよね。
Posted by 宵乃 at 2012年04月07日 10:50
宵乃さん、こんばんは。

田舎ののんびりした風景と相まって
ゆったり観れる映画でしたね。
悪い人は出てこないし。

>これを観てからパラボラアンテナを目にするたび思いだしてました。
確かに、私もこれからはパラボラアンテナを見るたびに
思い出すような気がします。

>天気のいい日に、あそこでピクニックしたい!(笑)
周りは緑に囲まれているし、
絶好のピクニックスペースでしたよね!笑
Posted by マミイ at 2012年04月08日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。