2012年03月18日

心とは裏腹に


嵐が丘 原題:WUTHERING HEIGHTS
製作1992年 イギリス 監督:ピーター・コズミンスキー
原作:エミリー・ブロンテ
脚本:アン・デブリン
出演:ジュリエット・ビノシュ、レイフ・ファインズ


何度も映画化されている名作小説ですが、
私は原作を読んだことはなく、映画も初見です。

(あらすじ)
嵐が丘の屋敷に住むキャサリンは
父の養子となったヒースクリフと恋仲になるが
結局はエドガーと結婚してしまう。
失意のヒースクリフは屋敷を出ていき・・・・・。


お互い好き同士だからくっついたらええやん!
って思うんですが、そうはいかない
へそ曲がり同士の二人。
とばっちりを受けるリントン家の人々が
とってもかわいそうでした。
何にも悪い事してないのに・・・・・。

ショーペンハウアーの寓話に出てくるヤマアラシのように
愛し合っているのに相手を傷つける事しかできない二人。
素直になれば、もっと簡単に愛し合えたかもしれないのに
憎しみだけがつのっていくヒースクリフ・・・・・
なんだかんだ言いつつひきこまれて観てしまいました。

音楽はなんと坂本龍一さんでした。
さすが世界のサカモトですね。


この映画の主題歌とは違いますが、ケイト・ブッシュの
「嵐が丘」は超有名です。
日本でも「恋の空騒ぎ」のオープニングだったので、
ご存知の方も多いかも。
私が好きなのはケイト・ブッシュではなく
アングラがカバーしている方です。
アンドレ・マトスの声が好きなのです♪
なんとなく、ライブバージョンを。



posted by マミイ at 08:27| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
観たはずだけど、最初の方しか覚えてません。この作品って何度も映画化されてますよね・・・日本版も観たことがあって、そちらの方が印象に残ってます。結ばれない理由が明確だったし、怨念めいた雰囲気は邦画ならではでした。
一番知名度が高い?ワイラー版も観てみたいですね〜。
Posted by 宵乃 at 2012年03月18日 09:46
宵乃さん、おはようございます。

「嵐が丘」で検索したらたくさん出てきました。
日本版もあるんですか!?
それはドロドロしてそうですね(^^;

ワイラー版が一番有名なんですね。
どこかの映画チャンネルで放送してほしいです。
Posted by マミイ at 2012年03月19日 06:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。