2012年02月26日

「宝物」だったはずなのに


プレシャス 
原題:PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE
製作2009年 アメリカ 監督:リー・ダニエルズ
原作:サファイア
脚本:ジェフリー・フレッチャー
出演:ガボレイ・シディベ、モニーク、
ポーラ・パットン、マライア・キャリー、
レニー・クラビッツ

主人公のプレシャスの境遇を想うと
あまりのひどさに驚きを隠せないけれども
それでも必死で上を向いて歩こうとするプレシャス、
支えようとする周りの人々に感動しました。

(あらすじ)
プレシャスは16歳にして2度目の実父の子をみごもり
中学校を退学となる。
母親からの虐待も続き、最低な毎日を送る中で
フリースクールに通い読み書きを勉強する
プレシャスは・・・・。


父親にレイプされ、母親は見て見ぬふりどころか
「私の恋人を取ったあばずれ」とプレシャスを非難し
虐待を繰り返します。
プレシャスにできる事は自分がスターでモテモテで・・・
という現実逃避だけです。
妄想があるから、プレシャスは生きていくことが
できたのだと思います。
かなり現実離れした妄想でしたが、
それほどつらい現実が彼女を襲い傷つけているのです。

そんなプレシャスも学校に通い、出産育児を経験して
(前の子どもは祖母が育てています。)
だんだんと強くなっていきます。
これでもか、と彼女に不運がふりかかってきますが、
ぶーたれながらも必死で彼女は前を向いて歩くのです。


「プレシャス」と、「宝物」と名付けた子供を
虐待するなんて母親はいったいどんな人間なのかと
思っていましたが、最後に彼女の気持ちが吐き出されます。
母もまた苦しんでいたのです。
苦しんでいるからって子供を虐待していい理由には
なりませんが、ただ堕落しているだけの女というわけでは
なかったというのがわかってよかったです。

お涙ちょうだいな演出過剰にする事無く
淡々と描き切ったのがよかったです。


posted by マミイ at 19:26| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じオンエアを録画して、怖くて怖くて見られず、やっと見ました。1年3ヶ月かかりました。
見る前に思っていたよりは、描写が酷くなくて、小さな子供が多重人格になる過程がそっくり描かれていて、胸が痛みました。

>ただ堕落しているだけの女というわけでは
>なかったというのがわかってよかったです。

う〜ん、まぁそうとも言えますが・・・。
辛かったです、いろんな意味で。。。
Posted by miri at 2013年05月13日 19:00
>同じオンエアを録画して、怖くて怖くて見られず、やっと見ました。1年3ヶ月かかりました。
楽しい映画ではないとわかっているからこそ、
覚悟が必要な映画ですよね。
1年3カ月・・・・・miriさんには必要な時間で
決して無駄も遅すぎたわけでもなかったと思います。

>>ただ堕落しているだけの女というわけでは
>>なかったというのがわかってよかったです。

>う〜ん、まぁそうとも言えますが・・・。
>辛かったです、いろんな意味で。。。
う〜ん、自分の書いた文章ですが、
今考えると「よく」はないですよね。
自分と違う境遇の人の事を考えるのはとっても難しいです。

でも、再見するには私もまだまだ時間が必要な映画です。
Posted by マミイ at 2013年05月14日 13:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。