2012年02月22日

戦いの始まり


アンダーワールド ビギンズ
原題:UNDERWORLD: RISE OF THE LYCANS
製作2009年 アメリカ 監督:パトリック・タトポロス
脚本:ダニー・マクブライト、ダーク・ブラックマン、
ハワード・マケイン
出演:マイケル・シーン、ビル・ナイ、
ローナ・ミトラ


アンダーワールドの第3作目で
吸血鬼とライカンが戦うようになった
事の発端が描かれています。

(あらすじ)
不死者コルヴィナスから生まれた吸血鬼と狼男。
狼男は知性もなく人間へと変化しなかったが
ルシアンの誕生により新たな種へと変化する。
吸血鬼の長ビクターはルシアンをライカンの祖と定め
彼の血筋を増やし、吸血鬼の奴隷とする。
ビクターの娘ソーニャは密かにルシアンと
愛し合うようになるが・・・・・。


ソーニャはセリーンと生き写しという設定だったので
てっきりケイト・ベッキンセイルが演じてると
思いこんでいたら、別人でした。
メイクで別人みたいに変わるもんだなと思っていたら
本当に別人だったなんて・・・・・^^;

原題が示す通りにライカン族が吸血鬼に抵抗して
武装蜂起していくさまを描いています。
っていうか、ビクターは悪いヤツです!!!
こいつがいなかったら、きっと、
ライカンと吸血鬼が戦う事って
なかったような気がします。
今まではセリーンなど吸血鬼視点だったので
狼男が一方的に悪いのかと思っていたら
今回はビクターがホントに憎らしいほどの悪でした。
実際の戦争もどちらかだけが悪いって事は
ないのかもしれませんね。

ルシアンとソーニャの恋愛がメインで
アクションは前作と比べるとおとなしい印象。
監督が変わった事も影響しているんでしょうか?

前作を観ていたら、回想シーンなんかで
出ていたシーンの繰り返しになるので
そんなに目新しいものはなかったです。
とりあえず、ココから「1」に戻る・・・という
感じで1から3までは無限ループに陥りそうです。

もう公開されたんですかね、
4作目はまたまたセリーンが主役で
その後のお話になっているようなので
「進化」したセリーンが気になります。


posted by マミイ at 22:40| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | ホラー・パニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

一気に観ちゃったんですね。(^^)
それにしてもビクターがここまで悪かったということにも驚きました。
狼男の方の視点が多かったせいか、結構新鮮な感じで観ることができましたね。
ただどうしても結末が判っているので。

4作目は以後の話ですか。
「バイオハザード」と同じく、もはや無敵状態にならないようにお願いいたします。(^^)

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせていただきました。
Posted by 白くじら at 2012年02月22日 23:20
白くじらさん、こんにちは。
トラックバックもありがとうございます。

「4」を映画館に観に行けるかどうかはわかりませんが、
とりあえず一気に観てみました。
最初はとっつきにくかった世界観ですが
観るたびにひきこまれる映画ですね。

ビル・ナイってかなりの悪人顔ですが(笑)
本当に冷酷非道な悪役でしたね。

キャラの生き死になど結末がわかってるから
ドキドキ感はなかったですね。
ただ、同じ事柄でも、立場や視点が変われば
こちらの受け止め方も変わるなぁと思いました。
Posted by マミイ at 2012年02月23日 11:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アンダーワールド3 ビギンズ
Excerpt: 鎖はお前たちの宿命だ! 2009年(Underworld:Rise of the Lycans)製作国:アメリカ監督:パトリック・タトポロス原作:製作:レン・ワイズマン、トム・ローゼンバーグ、スキップ..
Weblog: MOVIE-DIC
Tracked: 2012-02-22 23:15

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。