2012年02月22日

宿命の記憶


アンダーワールド2 エボリューション
原題:UNDERWORLD: EVOLUTION
製作2006年 アメリカ 監督:レン・ワイズマン
脚本:ダニー・マクブライト
出演:ケイト・ベッキンセイル、
スコット・スピードマン、トニー・カラン


ケイト・ベッキンセイルの女吸血鬼が
とっても美しい作品です。
前作からの続きなので、できれば
1から続けて観た方がいいと思います。

(あらすじ)
吸血鬼のセリーンは吸血鬼の長老ビクターを
倒したことにより、吸血鬼と狼男の混血である
恋人マイケルとともに吸血鬼族に追われることになる。
長老のマーカスは狼男族の血で目覚め・・・・・。


フラッシュバックのように現れていた
セリーンの過去など前作で謎だった部分が
明らかとなるので、割と観やすかったです。
新キャラも登場して
最初は「このオッサンは誰?」と思いましたが、笑
ちゃんと秘密は明かされたのでスッキリしました。

しかし、親として息子がかわいいのはわかりますが
子供が道をはずれてしまった時に
それを教え導くのは親の務めだと思いました。
かわいがるだけじゃダメだと思います。
どちらもかわいいからと見て見ぬふりをして
解決方法を考えなかったから、
その後大変な戦いが続いてしまったのだと思います。

吸血鬼は相手の血を吸うと、
その人の記憶を知る事ができます。
前作にもその設定は使われていたのですが、
今回の方が印象的に使われていたような気がしました。

ケイト・ベッキンセイルは相変わらずお美しいです。
黒のレザーに包まれたヒップラインが好きです!
今回はレザーを脱いでしまうのですが・・・・
あのシーンはちょっとね〜(>_<)
この頃にはケイトと監督は結婚していただろうから、
監督が最後まで見せるのは嫌だったのか、
ケイトが嫌がったのかはわかりませんが、
昔のアイドルみたいに乳首厳禁になっておりました。
その割に下の方ばかり映すのですが、
ボカシが大きくて気になってしまいました。
あれはちょっとスタイリッシュではなかったです。

↑のパッケージを見てもわかるように
ケイトのための映画なんですよね。
なんか、前作の時にも思ったのですが、
マイケルの存在が・・・・・^^;
吸血鬼と狼男のいいとこどりで最強設定では
なかったのかなぁ・・・・・。


posted by マミイ at 12:54| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ホラー・パニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

マイケルくん…最強のはずなのにどうも不遇な扱いを受けていたりしますねぇ。(^^;
マーカスが!やっちまったかの変身で、ちょっとどうかなとも思ったのですが、セリーンのための作品ですから。あはは。

この後どうなるんだろう…と思いつつも次作は過去編なんですよね。

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせていただきました。
Posted by 白くじら at 2012年02月22日 20:30
白くじらさん、こんばんは。
トラックバックもありがとうございました。

マイケルもマーカスもセリーンを引き立たせるための
脇役扱いですよね。
どっちも強いはずなのに^^;

次作は今観たところです。
過去のお話で1へと続く・・・といった感じでしたね。
う〜ん、今後どうなるのかが気になります。
Posted by マミイ at 2012年02月22日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アンダーワールド2 エボリューション
Excerpt: 歴史と事実は、欺瞞から成る。 2006年(Underworld:Evolution)製作国:アメリカ監督:レン・ワイズマン原作:製作:ゲイリー・ルチェッシ、トム・ローゼンバーグ、リチャード・S・ライト..
Weblog: MOVIE-DIC
Tracked: 2012-02-22 20:15

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。