2012年02月19日

郷に入っては・・・


アバター 原題:AVATAR
製作2009年 アメリカ 監督:ジェームズ・キャメロン
脚本:ジェームズ・キャメロン
出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、
シガーニー・ウィーバー、スティーブン・ラング、
ミシェル・ロドリゲス


地上波も話題作だととっても早く
放送してくれますね。
とはいえ、CMがとんでもなくたくさんあるので
録画してとばしてとばして観ました。

(あらすじ)
ジェイクは海兵隊員であったが、負傷して
下半身不随となり車椅子生活を送っていた。
急死した双子の兄のかわりに惑星パンドラに行き
先住民ナヴィ族のような肉体「アバター」になり
ナヴィ族の女性ネイティリと知り合った
ジェイクは・・・・・。


評判通り、惑星パンドラの自然がすごかったです。
大スクリーンで観たらド迫力だったんでしょうね。
先住民ナヴィ族や木々や動物たち・・・
どれも独創的な色使いでした。

郷に入っては郷に従え・・・・・
先住民に敬意を払い、彼らの文化などを知る事は
とても重要なのに、軍人たちは自分たちの
利権ばかり主張して先住民を軽んじて
今までの歴史を見ているようでした。
(でも、学者さんの方も学校を開いて
ナヴィ族に英語教育してたみたいです。
それもちょっとどうかな・・・と思いました。)

とはいえ、軍人の中にも
ミシェル・ロドリゲス演じるトルーディのような
人もいてくれてホッとしました。
ミシェル・ロドリゲスはかっこいい女性の役が
似合いますね!
『マチェーテ』のミシェル・ロドリゲスの
眼帯姿にはしびれますよ!!!

お話自体はラストも含めてありきたりといえば、
ありきたりなのですが^^;
それでも3時間近くの放送時間は
あっという間に過ぎていきました。


ゲームみたいに自分自身のアバターを作って
あの世界を旅したら楽しいだろうなぁと思いました。
実際にゲームが出ているようですが、
戦いや狩りがメインのようでした(>_<)
素晴らしい自然を平気で破壊するような人間には
なりたくないですぅ。


posted by マミイ at 02:41| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(2) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう別世界モノは大好きです。
歴史から動植物の生態まで設定までされてあってよかったと思います。

ストーリーは確かによくあるパターンでしたが、人間側が凶悪エイリアンとして描かれているところがいつもとは逆で、かなり新鮮でした。

先日テレビで見るとナヴィたちが妙にひょろっとしていたのにびっくり…日本語もちょっとイマイチだったので観るの辞めちゃいました。(^^;

トラックバックさせていただきました。
Posted by 白くじら at 2012年02月19日 11:39
白くじらさん、こんにちは。
トラックバックもありがとうございます。

実は白くじらさんの記事も読ませていただいていましたが
昨日は自分の記事を書いただけで力尽きてしまいました^^;

3D映画の歴史はココから始まった・・・的な
イメージがあります。
本当に映像はすごいなぁと思いました。

>人間側が凶悪エイリアンとして描かれているところが
>いつもとは逆で、かなり新鮮でした。
私はインディアンの迫害やベトナム戦争の空爆を
思い浮かべてしまったので、
今までの黒歴史を暗喩しているのかなぁと思いながら観ました。

>ナヴィたちが妙にひょろっとしていたのにびっくり
確かに、体つきがちょっとひょろ長くて違和感を感じました。
でも、異星人だからそうなのかなと思っていたのですが
スクリーンで観るのとはちょっと違ったのでしょうか?
Posted by マミイ at 2012年02月19日 12:55
おはようございます。
TVでもやってましたね。
人気なんですね。
3Dで劇場で見たいです〜。そうか、3Dともあいまって、話題性があったんでしたっけね。
もう、皆さんが紹介して下さるので、見たい映画が沢山です。

Posted by かえるまま21 at 2012年02月20日 08:03
かえるままさん、おはようございます。

観た事はなくても、タイトルは誰でも知っている作品ですよね。
確か、この頃から3D映画が色々と出てきたような気がします。
私はまだ、映画館で3Dを体験した事はないのですが。
せっかくだから、こういう映像が美しい映画を観てみたいです。

映画って本当にたくさんありますよね。
毎月どんどん新作も公開されてますし、
日本では未公開なんて作品もありますし。
全てを網羅する事はできないですから
他の人の記事ってとっても参考になりますよね!
Posted by マミイ at 2012年02月20日 10:02
3D映画自体は結構昔からあったと思いますが、アクションやホラー映画の中でモノが飛び散ったり、斧が飛んできたりとビックリ箱的な使い方しか無かったのではないかと…

でもこの作品を劇場で観て最初に度肝を抜かれたのは人の身体の立体感と言うか、皮膚の感じまでもリアルに見せられたところで、劇場でも思わず「お〜」と声を出しました…

立体化することで“質感”までハッキリと伝わるってのがこの作品の3D技術の革新的なところだと思います

ストーリーはあまりにも単純な「騎兵隊とインディアン」でしたので新鮮味には欠けましたがあの映像だけでゴハン3杯は行けます!

キャメロン監督が「タイタニック」も3D化して近々公開されるそうですね

観たいような… 微妙な気分
Posted by |―|/‐\|\/| at 2012年02月22日 00:31
HAMさん、おはようございます。

>ビックリ箱的な使い方しか無かったのではないかと…
子供と一緒に戦隊ヒーローものの3D映画の2D版を
見に行ったことがありますが、
(変な説明ですみません^^;)
この剣とかが飛び出してるんだろうなぁと想像がつきました。
(ちなみにその映画のDVDも買いましたが、
特典で3D映画と赤青セロファンのメガネがついてきました。
昔も今もそれほど変わっていないのかもしれません。)

>あの映像だけでゴハン3杯は行けます!
確かに映像はすごかったですね!
動植物から風景に至るまで
3Dのために一生懸命考えたという熱意が感じられました。

「タイタニック」の3Dですか・・・私も微妙です^^;
私の場合は「アバター」のような超大作を
見逃している事が多いので
「タイタニック」も未見だからいつかは観ようとは
思っていますが、3Dでは観なくてもいいかなぁ
・・・という感じです^^;
Posted by マミイ at 2012年02月22日 07:51
こんにちは!
わたしもこの前のオンエアを録画して観ました。CM多すぎですよね〜(笑)
記事を書いてから読ませていただこうと思ったら、遅くなってしまいました。

映像は本当に綺麗でした。3Dじゃないせいで平坦に見えるところもありましたが、劇場で観たら凄かったろうなぁと思わせます。
アバターの扱いやナヴィ族の設定などで少々引っかかる所があって、あまりメッセージ性まで考えられなかったけど、それなりに考えされられた作品です。
Posted by 宵乃 at 2012年02月22日 12:50
宵乃さん、こんにちは。

>あまりメッセージ性まで考えられなかったけど
とにかく映像重視!でストーリーの方は
どうでもよかったのかなと思いました^^;
ゲームにしろ、映画にしろ、
映像に凝りだすのはいい事ですが
やっぱりお話があってこそだと思うんですけどね・・・。
とはいえ、本当にキレイな世界で驚きました。
Posted by マミイ at 2012年02月22日 14:07
この映画は映像が綺麗ですよね〜
プロジェクターを導入してからBDを買いました!!(^.^)

今の環境は2Dでも映像の綺麗さを全て引き出せる
環境で無いので、いつかこの映画を最高の状態で
見てやる!!と意気込んでおります!!

友達が映画館で3Dで見たらしいのですが、映像の
凄さに気を取られて話が解らなかった。。。なんて話も
チラホラ(笑)

>ミシェル・ロドリゲス演じるトルーディのような
>人もいてくれてホッとしました。

本当ですよね!命令だからって悪いことには
加わりたくないです。自然を破壊する人にもなりたく
ないですよね・・

>『マチェーテ』のミシェル・ロドリゲスの
>眼帯姿にはしびれますよ!!!

はい!!彼女の演じてる中で一番好きです!!
「what eye」でしたっけ??最高!!(笑)
Posted by take51 at 2012年02月22日 21:53
take51さん、こんばんは。

あまりにも超大作すぎて観てもいないのに
「アバターなんてさ・・・」と、心のどこかで
少し小ばかにしていたのですが、
実際に観てみると映像の美しさに圧倒されました!

>映像の凄さに気を取られて話が解らなかった。。。
>なんて話もチラホラ(笑)
確かに、脳の処理能力をオーバーしちゃいそうですよね。笑

『マチェーテ』は出てる女優さん、
どの人もとっても素敵でした。
『マチェーテ』の続編が作られるらしいので
どんな作品になるのか、とっても気になってます!
(3作目は宇宙に行くらしいですよ。笑)
Posted by マミイ at 2012年02月22日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アバター
Excerpt: そこにはもう一つの誕生がある 2009年(AVATAR)製作国:アメリカ監督:ジェームズ・キャメロン原作:製作:ジェームズ・キャメロン、ジョン・ランドー、ジョシュ・マクラグレン製作総指揮:コリン・ウィ..
Weblog: MOVIE-DIC
Tracked: 2012-02-19 11:33

映画「アバター」感想
Excerpt: 製作:アメリカ’09 原題:AVATAR 監督:ジェームズ・キャメロン ジャンル:SF/アドベンチャー/アクション車いす生活を送る元海兵隊員のジェイクが、アバター・プロジェクトにスカウトされ..
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2012-02-22 12:01

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。