2012年01月20日

新世界への旅立ち


地球最後の日 原題:WHEN WORLDS COLLIDE
製作1951年 アメリカ 監督:ルドルフ・マテ
原作:エドウィン・バルマー、フィリップ・ワイリー
脚本:シドニー・ボーム
出演:リチャード・デア、バーバラ・ラッシュ、
ピーター・ハンソン


昔のSFが気になったので見てみました。
ミニチュア感とかたまりませんね!



(あらすじ)
アフリカの天文台で地球に急接近する2つの惑星が
発見され、依頼を受けた飛行機乗りのランドールは
アメリカのヘンドロン博士にデータを届けた。
ヘンドロン博士は計算に間違いがない事を確認、
1年以内に地球が爆発するため、
地球から逃げるためのロケットを作成するように
提案するが・・・・・。


人形劇みたいなロケット、
そして、ミニチュアどころか
完璧に「絵」とわかる背景。
すべてがステキです。

一応、新世界へのノアの方舟といった
壮大なお話のはずなのですが
つっこみどころ満載!
ひたすら隠されていた機密を
いきなりポロリと言っちゃうヘンドロン博士の娘、
途中で主人公ランドールが
「なぜ俺が選ばれたのか?」と苦悩するけど
観てるこちらもさっぱりわかりません。笑

子供が気に入ってるから・・・と
貴重な家畜をあきらめ野良犬を乗せちゃうし
彼女がロケットに乗れないから自分も乗らないという
男性に対して、彼女も乗れるようにしたり・・・
とヘンドロン博士父娘は私情入りまくりの人たちでした。
人類の希望がかかっているわけなのですから
もっと冷静に、冷酷に判断していただきたいです。


・・・と、色々つっこみをいれましたが
『ディープ・インパクト』や『アルマゲドン』など
後の作品に影響を与えたんだなぁということは
ひしひしと伝わってきました。


posted by マミイ at 23:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。